続・エヌ氏の私設法学部社会学科

無理、矛盾、不条理、不公平、牽強付会、我田引水、頽廃、犯罪、戦争。
世間とは斯くも住み難き処なりや?

継続は力なり

2017-06-19 | 史学講座
ご訪問ありがとうございます→にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ←ポチっと押してください

↓今回は、この文章の続きです
「天然の奇人・和蘭人の化物」

 江戸の雰囲気を味わいたくて古文書解読の勉強を始め、1年少し経って、楷書に近く、平仮名の多い文書なら何とか読めるようになったのが、駄文の頃です。
 しかしまだまだ、草書で、しかも平仮名が使われていない和漢文(注参照)の文書は半分も読めなかったのですが、いつかは読めるようになりたいと、引き続き勉強に精出していました。

(注)和漢文
 ほぼ漢字のみで書かれている文書だが、私たちが国語の授業で習う「漢文」とは違い、日本人が作り上げた、漢文に似てはいるが、文法や語句が本来の漢文とは違う、いわば和製の漢文。中世以降、公文書によく使われ、江戸時代からは、広く文書に用いられるようになった。


 そして、この駄文を綴ったのが2013年11月ですから、それから3年半が経過しました。

 梅雨の中休み、大分県立先哲資料館と、臼杵市歴史資料館へ出かけてまいりました。
 大分県立先哲史料館では昨年新たに収蔵された資料を、また臼杵市歴史資料館では臼杵藩主が参勤交代をした様子を、多くの図説とともに、記録されている文書も、数多く展示されており、当時の様子がよく分かる内容でした。
 もちろん、私の目的の一つは、展示されている古文書をできる限り読んでやろうということで、鼻息荒く出かけて行ったのですが・・・

 ほとんど読めました。
 書かれている文字の95%くらい、物によっては100%完璧に。いや~、嬉しかったですね~。
 嬉しさのあまり、誰かに読んで聞かせたいぐらいでしたが、周りは知らない人たちばかりだし、聞かされる方はたまったものではないでしょうから、自制しておきましたが。

 古文書を読みたいと思って勉強を始めたのが、かれこれ5年近く前。
 1年半ほどで、十返舎一九の戯作本など、ひらがなの多い文書は読めるようになりましたが、漢字ばかりの文書には全く歯が立たず、ネットから拾ってきた資料を見ても茫然とするばかりでした。
 あまりにも高い壁を前に、もう、ここで止めようかとも思いましたが、まあ、やるだけやってみて、無理だと思ったところで止めればいいやと、無謀なもう一歩を踏み出しました。
 が、思っていたより壁は高く、ひらがなが読めるようになるには1年ちょっとだったものが、和漢文が読めるようになるには3年以上かかってしまいました。それでも、昨日読めなかったものが今日は読めた、ということの繰り返しで、遂に、95~100%の読解率となったわけで、まさに継続は力なりです。

 ただ、展示されている文書は公文書のようなもので、右筆や、それなりの教養を備えた役人の手による、比較的きれいな文字ばかりですが、もちろん古文書はそうしたものばかりでなく、癖字や、殴り書きに近い文書も数多くあり、まだまだ私の技量では、そのような文書を読むことは叶いません。
 また和漢文でない、本物の漢文で書かれた文書は、そもそもチンプンカンブンでした。
 さらには、江戸時代の文書は読めるようになったのですが、それ以前の、中世の文書は、書体も文体も違い、なかなか読めません。

 要するに、「読めた読めた」と威張ってはいますが、そもそも「読みやすい」文書だった、というに過ぎないのが、悔しいところです。


 さて今後、癖字や殴り書きの壁は、楽観的に、いつか越えられるものと、挑戦していこうと考えています。
 その後、本物の漢文に挑戦するかどうかは・・・その時に決めましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巻6の6 日なたを君に献ずる事 | トップ | 巻6の7 餅をくはんとて、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

史学講座」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。