続・エヌ氏の私設法学部社会学科

無理、矛盾、不条理、不公平、牽強付会、我田引水、頽廃、犯罪、戦争。
世間とは斯くも住み難き処なりや?

巻6の4 斉の景公の夢を占ふ事

2017-05-18 | 理屈物語:苗村丈伯
ご訪問ありがとうございます→にほんブログ村 科学ブログ 人文・社会科学へ←ポチっと押してください

 唐土、斉の景公(?-前490)という王が病にかかって、既に10日に及んでいた。
 ある夜、景公は、二つの太陽と戦って負ける夢を見た。
 そのあくる日、臣下の晏子が来たので、景公は晏子に問うた。
「朕は昨夜、二つの太陽と戦って負ける夢を見た。甚だ不吉な夢だ。朕は間もなく死ぬに違いない」
と言ったので、晏子は答えて、
「その夢を占う博士を召して、占わせてみましょう」
と言って、夢占い師を呼んだ。
 夢占い師はすぐに晏子のもとへ来て、
「何のご用でしょうか」
と訊ね、晏子が、
「しかじかの次第だ」
と語れば、夢占い師は大いに驚き、
「これは、書物を調べて、よく考えて占わなければなりません」
と言えば、晏子はこれを聞いて、
「いや、書物を調べる必要はない。景公の病は必ず癒る。なぜなら、病は陰で太陽は陽であるが、病身である景公が、2つの太陽と戦って負けた夢を見た。つまり1つの陰である病が、2つの陽である太陽に負けたということは、病が癒る兆しである。だからこれを夢占いすれば、景公の病は、速やかに癒るに違いない。お前は、このことを景公へ申し上げよ」
と教えたので、夢占い師が、晏子の言ったとおり景公へ申し上げたところ、その後三日ほどして、景公の病は完全に癒ってしまった。
 景公は大いに喜び、夢占い師に厚く俸禄を遣わしたが、夢占い師は辞退して、
「今回、夢を占ったのは、私の功績ではありません。晏子様が私に指示したとおりに申し上げただけです。であれば、これは晏子様の功績ですから、私の功績として俸禄を受けるわけにはいきません」
と言う。そこで景公は晏子を召して、この俸禄を賜ろうとすると、晏子が言うには、
「かの夢占い師が、私が教えたとおりのことを王へ申し上げたから、王の病は速やかに癒えたのです。もし夢占い師が私の言うことを聞かずに、邪説で占っていたならば、不吉な占いが現れたかもしれず、そうなれば王の病は治らなかったでしょう。ですから、私の言うとおりにしたのは、夢占い師の功績です。それに、この占いを私自身が申し上げたならば、王は信じなかったかもしれず、夢占い師の名があったから王も信じられ、その信ずる心に引かされて、病も早く治ったのです。これもまた、夢占い師の功績であって、私ではできなかったことです。そうだとすると私は、どうして功績もないのに俸禄をうけることができましょうか」
と言って、ついに受け取らなかったので、景公は仕方なく、両人に俸禄を賜った。
 晏子は他人の功績を奪わず、夢占い師は他人の能力を覆えず、世の人もみな、これを模範として、自ら功績を自慢するべきではない。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巻6の3 狐、死したる真似... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。