pingiewolrd

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

jump 人的に好きな感じの曲調やから発売されて嬉しいです

2016-10-17 10:22:50 | 日記

Hey!Say!JUMP Give Me Love

<iframe src="http://www.youtube.com/embed/9Eqt5bL6Mf8" frameborder="0" width="420" height="315"></iframe>

Hey!Say!JUMP Give Me Love 歌詞

主題歌は…

Hey!Say!JUMP
   Give Me Love

深夜の事前番組で、バックにたっぷり流れていましたが、会話の方の音が大きくて、堪能は出来ませんでしたアセアセ

ミディアムテンポのバラードで、JUMPの新境地が開けそうな、大人っぽいラブソングです音符

山ちゃんの歌声がメインだけど、他のメンバーのソロもあって、明日 会話に邪魔されずに聴けるのが楽しみですラブラブ

慧くんのソロは、2番のサビ前にあります

横アリ最終公演で、慧くんからファンに向けられた

愛してるよ!

という言葉を素直に受け入れられた人と、そうでない人と、二つに意見が分かれているんですね。

みんな違って、みんないい!

と、大ちゃんが言っていたように、人それぞれの感じ方があって、いろんな意見があっていいと思うんです。

私は素直に受け入れられたけど、
受け入れられなかった人は…
辛い腰痛を抱えながらも、それを微塵も感じさせない全力のパフォーマンスを見せた山ちゃんと比べて、慧くんにアイドルとしての姿勢を問う人が、結構いらっしゃって、成る程❗と思いました。

あくまで、私 個人の意見ですが…

身体の痛みと心の痛みは、違う!

と思うんです。

身体の痛みは、薬やマッサージ、休養で治ると思うんですが、

心の痛みに効く薬は、ない!!

他人に心を傷つけられたことがある人なら、分かると思うんですが、簡単には癒えません。

慧くんは、お正月休みに海外に遊びに行って、そのホテルのプールサイドで、偶然知り合いに会って、話しているところを、勝手に写真を撮られるなんて、思いもしなかったでしょう。

カウコンで頑張ったから、浮かれて、警戒心を持たなかったでしょう。

確かに、話していた相手の職業に、私も動揺しましたが、
慧くんは、人の職業に偏見を持たない人なのでしょう。

まさか、その写真が、あんなに大きく取り上げられるなんて、思いもしなかったでしょう。

あることないこと、面白可笑しく書かれて、人間性まで否定されて、何でこんなに叩かれなくてはならないんだ?!
こんなに傷つくなら、芸能界を辞めてしまおうか?!…と、考えたかもしれません。

辞めなくて良かった❗
慧くんに会えなくなったら、私は生きて行けないかもしれませんぐすんえーん笑い泣き

ちょっと、大袈裟かもしれませんが、そのくらい私にとって、慧くんは大きな存在なのですラブラブ

慧くんに、たくさん元気と勇気を貰っているからラブラブ


慧くん、人間不信に陥って、人の顔を見るのが怖かったことでしょう。
それでも、騒動があった週末の広島魂、翌週の横浜魂の舞台に上がってくれました。

きっと、辛くて逃げ出したかったことでしょう。

会場には、慧くんを誹謗中傷するうちわがあったり、冷やかしたりする人がいたらしいので、本当に悲しかったと思います。

それでも、コンサートの舞台に上がり続けてくれましたキラキラ

メンバーやスタッフの支え、
慧くんを信じて、応援し続けてくれるファンの声援、
すごく励まされたと思います。


仕事の関係者だけに、ファンサをしていたのは…
わざわざ慧くんを応援するために、足を運んでくれたから…
相手の人間性を知っているから…
だと思います。

ファンの方達の人間性は、分かるわけもなく…
昨日までファンだった方が、憎しみいっぱいの敵になったりしてたのだから…
直視するのは、怖かったと思います。

完全に元通りの慧くんに戻るには、まだまだ時間が懸かるかもしれません。

それでも、徐々に笑顔が増え、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Aqours どっちも乐しい时间を... | トップ | jump 优しかったし、めっちゃ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。