ゴルフ自問自答2

「自分が納得できるようなゴルフを目指す」
そんな日々の葛藤を気の向くままに綴ります

ドライバーの打ち出し方向を数値化

2017-08-10 17:03:52 | 次ラウンドへの課題

昨日は練習場で100球。

肩をあまり動かさないで直線的に腕を下ろしてくるイメージでスイングすると
今までよりも安定してそこそこの球が打てる気がする。

現在ウエッジは

PW 48度 52度 ニブリック56度 LW

の5本体制。

ニブ56の代わりに52度とお揃いのPING MB WDGE の56度を入れようかと思ったりしている。

シャフトが48度 52度は DG-X100なので56度も長さを合わせてリシャフトするつもり。

ドライバーも練習場だと弾道も低くいい感じなのだが、もう少し細かく狙いを絞るようにしようかと思う。

練習場で100yくらい先のネットの一マスの幅が5~10m前後あると思うのだが
それを10分割して左から0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10すると

打ち出し方向は3~4 でネットに当たるのは4~5という感じでイメージして打ってみた。

比較的アバウトに打つよりは精度が上がる感じ。

コースでも右を嫌って左に狙いすぎて左に飛びすぎたり逆に左に振り切れずにスライス幅が大きくなり
センターに出て大きく右にミスするというパターンがある。

打ち出し方向は基本的に3~4までと決めて打てば最悪真っ直ぐに行っても左ラフ、右に曲がっても右ラフで
なんとか収まってくれるように思う。

コースでも10分割のメモリをイメージしてどこを狙って実際はどこに打ち出してどこに落ちたかを
数字で把握していけばミスは小さくなるのではないだろうか。

スタートの1番ホールをイメージすると、いつも1に打ち出して1に落下する感じ。

3に打ち出すようにしよう。

打ち出し方向を全ホール数値化する

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パーオンを増やす | トップ | ホームコースで70台が出ない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

次ラウンドへの課題」カテゴリの最新記事