ゴルフ自問自答2

「自分が納得できるようなゴルフを目指す」
そんな日々の葛藤を気の向くままに綴ります

現状のゴルフを分析

2017-07-14 10:16:23 | ラウンドの反省

今回のラウンドは前半パーオンが5回で4回がパーで1回が3パットのボギー。

そのほかの4ホールの内3箇所で寄せワンのパーが取れている。

3番の打ち上げのショートでティーショットをチョロしてダボとしているが
それ以外の8ホールはかなりイイ内容と言えるのではないか。

こういうゴルフが鎌倉でこれから目指していくイメージではないかと思う。

後半は9ホールの内1箇所しかパーオンできずそこを3パットしてボギー。
パーオンできなかった8ホールで1箇所寄せワンが取れてパーだったが
残りの7ホールで微妙に寄せきれずすべてボギー。

1パー 8ボギーという地味な内容だった。

しかし全体としてはグリーンの近くまで運んで乗れば2パットのパー
乗らなければ寄せて入ればパー入らなければボギーという計算が出来る
ゴルフスタイルが確立しつつある。

これは

G25でのドライバーショットの飛距離と方向性の両立

何もしないでただ打てばそこそこの結果になるスイングの完成

手前から滑らせるニブ56のアプローチ

スパイダーによるショートパットの精度UPと仮想タライイメージの距離感の出し方
ボールのライン合わせに寄る方向性のUP

このような点で以前よりレベルが上がっているからと感じられる。

過去5ラウンドの平均ストロークは83を切った。

なかなか70台は出せないが、こういうゴルフを地道に続けていれば
シングルもそう遠くはないのではと思ったりするのだが・・・

いまの調子が続けばの話だが(汗)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 第9戦 鎌倉CC 木曜杯 | トップ | ボールはなにもしなくても勝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。