文化逍遥。

良質な文化の紹介。ホームページhttp://www.pinewoodsrecords.sakura.ne.jp/

わたしのレコード棚―ブルース35、Blind Lemon Jefferson

2017年04月18日 | わたしのレコード棚
 ブラインド・レモン・ジェファーソン―Blind Lemon Jefferson、この人もギターを学ぶ者にとっては大きい存在と言える。
 生まれは1897年テキサス州クーチマン(Couchman)。1926年から1929年にかけて北部シカゴなどで多くの録音をしている。


1974年に、Milestoneというレーベルから出た2枚組LP、全32曲。

 どのLPやCDをみてもこの写真なので、写真はこれしか残っていないらしい。抱えているギターはマーチンのシングルOあたりだろうか。マーチンがスチール弦のギターを生産、そしてその販売を本格的に始めたのが1920年頃と言われているので、現在に繋がるスチール弦を張ったギターを使った黎明期のプレーヤーとも言えるだろう。レパートリーは広く、レッド・ベリーと同じく、言葉の元の意味で「フォーク・シンガー」と云える。実際、二人はコンビを組んで流していらこともあるらしい。リクエストに答えて演奏することもあったのかもしれず、必然的におぼえなければならない曲は多かったのかもしれない。亡くなったのは1929年。経済恐慌のはじまる年の12月、吹雪のシカゴで、凍え死んだとも、寒さによる心臓まひとも言われている。録音した最初の黒人男性ミュージシャンとも言われるブラインド・レモン・ジェファーソンは、極寒のシカゴで32歳の若さで死んだのだった。


 1995年にPヴァインから出た16曲入りCD。同年発行の雑誌『ブルース&ソウル・レコーズNO.7』に、このCDのレビューを書いたのはわたしで、CDなどはその時に貰ったもの。今回、このブログを書くにあたりそれを読み返してみたが、当時のブルースに対する思い入れが表れていて我ながら興味深い。我田引水になるが、それを下に引用しておく。なお、執筆名は斎藤業になっている。

 [テキサスのブラインド・レモン・ジェファーソンは、「ブルース」という範疇ではとても捉えきれない多才なギタリストであり、すぐれたヴォーカリストであり、そしてすばらしい詩人である。・・中略・・レモンは独自のコール&レスポンスで歌いあげてゆく。歌い上げてはギターはそれに答え、さらにギターはギターで単弦奏法とストロークでの応答形式になっているという「二階建てのコール&レスポンス」とでも言うべき、他の追随を許さない奏法だった。ここには26年から28年の16曲が収められているが、今もって完全にコピーされた演奏を私は聞いたことがない。](『ブルース&ソウル・レコーズNO.7』p116より)
『芸能』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国立演芸場4月中席 | トップ | グレコのテレキャスター »
最近の画像もっと見る