日経新聞 経済「黒田日銀の二重のメッセージ」=構造改革による成長戦略に重点を=

2016年10月17日 02時57分22秒 | 経済
日経新聞 2016年10月15日(土) P.17 マーケット総合2面
『大機小機』=黒田日銀の二重のメッセージ=

 「量」から「金利」に転換する日銀の新金融政策は、いかにもわかりにくい。
緩和の継続か縮小か、基本スタンスがはっきりしない。

「統制」と「自由放任」の間で揺らいでいるように見える。
二重のメッセージに、立ち往生する日銀の姿が浮かび上がる。

 日銀の新政策は一見、テーパリング(量的緩和の縮小)にみえる。
黒田東彦総裁は年80兆円の国債買い増しペースを落とすことを示唆した。

これは量の拡大で物価2%目標を達成する異次元緩和のスタンスから外れる。

マイナス金利導入でフラット化した利回り曲線を立たせるには大規模な国債購入を抑制すればいい。

 ところが黒田総裁はテーパリングではないと強調する。

たしかに米連邦準備理事会(FRB)のような出口戦略としての「意図したテーパリング」ではない。

国債を買いつくしたことによる量的緩和の限界に対応した「意図せざるテーパリング」かもしれない。

 緩和縮小でない証拠に、物価が安定的に2%を超えるまでマネタリーベースの拡大方針を継続する。

しかし、これは金融政策の限界と思われるのを防ぐ空(から)約束に過ぎないようにみえる。

 経済思想の面でも矛盾する危険な言葉が錯綜(さくそう)する。
コントロール(統制)とオーバーシュート(行き過ぎ)だ。

長期金利のコントロールは至難とされ、市場の自由に踏み込んで統制すれば「官製相場」の批判を浴びる。

一方で「オーバーシュート型コミットメント」を打ち出した。
オーバーシュートはふつう市場の失敗をさす。

行き過ぎる市場に冷静に対応すべき日銀が自ら行き過ぎを約束するのは、ブレーキなしでアクセルを踏みっぱなしにするようなものだ。

 二重のメッセージによるあいまい戦略はグリーンスパン元FRB議長が得意とした。
発言が新聞によって逆の見出しがつくとほくそえんだという。

今の日銀にそんなゆとりはない。

日銀内のリフレ派と非リフレ派のバランスに腐心した結果が二重のメッセージに表れている。

金融政策は明らかに立ち往生している。

 それは金融政策が主旋律のアベノミクスが限界にきたことを物語る。
第1バイオリンは構造改革による成長戦略、第2バイオリンは財政改革だろう。

金融政策は後ろで静かに通奏低音を奏(かな)でればよい。

(無垢)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 国際「息吹き返す... | トップ | 日経新聞 国際「政敵の遺物... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。