日経新聞 経営「ゲーム開発 欧米撤退」=DeNA 米・チリで子会社解散=

2016年10月20日 03時42分14秒 | 経営
日経新聞 2016年10月19日 P.13 企業・消費面
『ゲーム開発 欧米撤退』=DeNA 米・チリで子会社解散

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は18日、欧米でのスマートフォン(スマホ)ゲーム開発から撤退すると発表した。

米国子会社と南米チリの子会社を解散する。
すでに欧州拠点も閉じており、欧米地域での開発機能がなくなる。

今後は国内で任天堂などの提携先とゲームを開発し、世界に向けて配信する方針だ。

 米国サンフランシスコのDeNAグローバルとチリのサンティアゴにあるアタカマ・ラブズの2社を解散する。

合計約150人の社員は退社する見通し。
拠点閉鎖などに伴って、2016年10~12月期に30億円の費用が発生するという。

 DeNAは08年から米国でモバイルゲーム開発を続けてきた。
10年には米エヌジーモコを300億円超で買収して開発機能を拡充した。

ただ、日本とは商習慣や文化が違う米国でスマホゲームをヒットさせるのは難しいうえ、エンジニアの奪い合いも激しく、米国事業は赤字が続いていた。

 「ポケモンGO」など人気キャラクターが登場するゲームが脚光を浴びている。

DeNAも任天堂との開発で年内配信を予定する「スーパーマリオラン」など、日本発で世界で受け入れられるスマホゲームに力を入れていくとみられる。

米国のスマホゲーム事業を巡ってはグリーも買収した米ファンジオなどで200億円を超える損失を計上し、立て直しを急いでいる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 社会「結婚式 3... | トップ | 日経新聞 国際「英ポンド安... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。