日経新聞 インターネット『ネットの功罪 子供たちが学ぶ』=匿名チャット「怖い」/アプリ制作「楽しい」=

2013年08月18日 08時20分40秒 | インターネット
日経新聞 2013年8月17日(土) P.11 企業2面
特集連載『@ネット』

『ネットの功罪 子どもたち学ぶ』=匿名チャット「怖い」/アプリ制作「楽しい」=

 小中学生を対象にしたネット教育が盛んだ。

関連企業がネット上でのトラブルを回避するための安全教育や、スマートフォン(スマホ)用アプリ(応用ソフト)を作成するものづくり講座を積極的に開催。

ネット教育を授業に組み込む学校も増えている。
中学生の5人に1人がスマホを持つ時代。

ネット上でのトラブルは急増しており、早いうちから怖さと楽しさを教える必要が出てきている。


 岐阜聖徳学園大学付属小学校(岐阜市)の6年生の授業をのぞくと、児童たちがタブレット(多機能携帯端末)のチャット機能でコメントをやりとりしていた。

匿名なので書き込みは徐々にエスカレート。
5分ほどで相手を誹謗(ひぼう)中傷する言葉が増え始めた。

そこで教師が手元のボタンを1つ押す。

するとチャット画面上に実名が表示され、楽しそうに騒いでいた声がやんで気まずい空気が流れたーー。

 ネット上の匿名発言に責任を持つことを教える授業の一幕。

ある児童は「(匿名の)ハンドルネームだと何でも書けるが、誰が書いたかは結局ばれる。考えて書かないと」と神妙な様子だった。

 このソフトは岐阜聖徳学園大学の石原一彦教授とソフト開発会社のコンセント(東京・渋谷、薮内康一社長)などが小学生向けに開発した「情報活用トレーニングノート」。

石原教授は「チャットアプリのLINEでトラブルを起こす子供が増えている」のを危惧して開発した。

実証実験中だが、ネット教育を取り入れたい学校から問い合わせが相次いでいる。
来春にも発売する予定だ。

 セキュリティー大手のトレンドマイクロが今月、都内で開いた親子参加型の「夏休みセキュリティ教室」も盛況だった。

交流サイト(SNS)の利用マナーをゲーム感覚で学ぶ内容。

SNS上で見知らぬ相手が携帯電話の番号を聞いてきたり、通行人を撮影した写真を掲載したアルバムなどが登場したりする。

その都度、なぜそうした行動がいけないのかを講師が教えていた。

 参加した母親は「子どもにタブレットを与えたら際限なく使うようになった。 マナーを教えようにも、親の言うことを聞かないから」と参加の理由を話した。

実際にネット上で批判が殺到する「炎上」や犯罪行為は増え、子どもが巻き込まれるケースも多い。


SNS利用などを禁止する学校もある。

しかし講師を務めたトレンドマイクロの新井谷紘氏は「怖いから使わないという感覚は時代にそぐわない」と教育の必要性を訴える。

 企業はネットの怖さだけでなく、楽しさを体験してもらう講座も開いている。

サイバーエージェントは今月下旬、小学生を対象にした教育講座を開く予定だ。

独自の教材を用意してプログラミングの基礎を教え、最終的には簡単なスマホのアプリを開発してもらう内容だ。

小学生からネット技術に興味を持ってもらい、次代の技術者を育てる試みだ。

 ベネッセコーポレーションも7月、小中学生を対象にしたプログラミング講座を開いた。

「スクラッチ」と呼ぶ子供向けの言語を使って、パソコンで遠隔制御できるロボットなどを作った。

初めてプログラミングを体験したという生徒は「思い通りに動かないこともあって、それも楽しかった」と目を輝かせていた。

ベネッセの中川雅文サイエンス・文章表現教室事業部長は「プログラムは手段にすぎない。
ものづくりの楽しさを感じてほしい」と話していた。


『携帯・スマホ:中学生の5割超が所有』
 トレンドマイクロが小学4年から中学生の保護者を対象に実施した調査によると、スマートフォン(スマホ)か携帯電話を所持している割合は小学生で28%、中学生では5割を超えている。

特にスマホを所持している割合は小学生の2%から中学生では19%まで上昇する。

 内閣府の調査によると2012年10月末時点で小学生の親の77%が子供の携帯電話からのネット使用を制限。

購入時に販売業者から有害サイトなどの閲覧を制限する「フィルタリング」の説明を受けたという親も8割を超える。

子供のネット利用の制限の必要性は広く認識されている。


●関連日経記事:2013年8月20日グー・ブログ「息子たちに読んで欲しい日経記事」投稿記事参照
 『日経新聞 法務・犯罪「『電子万引き』未成年も』=実感なく越す一線=」(8月19日付)

●関連日経記事:2014年7月30日グー・ブログ「同上」投稿記事参照
 『日経新聞 教育「アプリの呪縛 親知らず」=「外し」やいじめ 犯罪にも (上)=』(2014年7月28日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 開発「『アクツハ... | トップ | 日経新聞 政治「消費増税、... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うーん…。 (太郎)
2013-09-02 21:48:01
5分ほどで相手を誹謗中傷する言葉が増え始めた。って…
知った仲のクラスメイト同士が悪口言い合うって
、もちろん仲の悪い子はいるだろうけど、増え始めたっていうのは…結構そのクラスの人間関係的に問題があるんじゃないかとそっちのほうが怖くなって来ました。
先生はどういう指導をしているのでしょう…。

しかも授業だけで言えば匿名の時は何でも書けるってのも不思議で、例えばクラスに30人いて、悪口を書いてる人がいたら、30人のうちの誰かって事になるので、疑心暗鬼に陥ると思うのですが…。
「あいつじゃないか?」「いや、あの子よ」みたいな…。
Unknown (雪)
2013-09-04 08:17:39
クラス全員が仲良くなるのはありえないです。
人間が何人集まっても同じ人間がいないのと一緒。
悪口が増えていくのはその悪口に"共感"或いは"理解したから"。
こればかりは教師の指導どうこうの問題では無いです。
ある程度の理解と、ある程度の妥協、ある程度の干渉を子供が出来ますか?大人が出来ないものを子供に押し付けるのは良くないし、親も出来ない事を教師が出来る訳が無いでしょう。それは教師という"職"に対しての高望みというものです。

あと疑心暗鬼になっているのは冷静に記事を見て、実際の現場に居ないから言える事であって、彼らは最初に「楽しんでいた」。それからのボルテージアップによる成れの果てですから疑心暗鬼になった子なんて少ないと思いますよ。
SNSの問題ではない (イカイカ)
2013-09-06 09:09:49
>参加した母親は「子どもにタブレットを与えたら際限なく使>うようになった。マナーを教えようにも、親の言うことを聞かないから」

これはネット云々じゃなくておうちの教育の問題ではないでしょうか。親の言うことを聞かない=厳しくしかるとかじゃなくて、最近は「仕方ない」と責任放棄のような考えが増えている気がします
日経による記事ねつ造では? (親ばかパパ)
2013-10-09 15:49:24
授業をなさった先生を良く存じております教育関係者ですが、日経新聞が授業を参観もしていないのに、あたかも見てきたかのように事実と違う記事を書いたようです。

URLに顛末が詳しくありますので参考までに。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。