日経新聞 教育「伸びる子と伸びない子」=学びの基本は振り返り=

2017年06月20日 07時50分29秒 | 教育
日経新聞 2017年6月19日(月) P.14 教育面
連載『挑む』

『伸びる子と伸びない子』=学びの基本は振り返り=

 昨年、子供将棋大会の運営に関わる機会を得てから、時折夜中にネット将棋を指すようになった。

 最初はポータルサイトの無料ゲームを利用していたが、先月から日本将棋連盟が後援している「道場」に戦いの場を移した。

ポータルサイトの方が時間制限が緩くて気楽なのだが、明らかに負けとわかったときに投了せず、無言で通信を切るプレーヤーが多いのにちょっと嫌気がさしたのだ。

 昨年谷川浩司永世名人に会った時、「『負けました』と頭を下げられない子は強くなれません」という言葉に強く感銘を受けた。

 子供はなかなか「負けました」とか「ごめんなさい」と素直に言えないものだ。
その気持ちはよくわかる。

でも悔(くや)しさをこらえて、「負けました。 ありがとうございました」と声に出したところから、「次こそは負けないぞ」という反省と闘志が湧き出てくる。

 「所詮(しょせん)は暇つぶしのゲーム」と言われればその通りだが、「負けました」も言わずに立ち去るのはマナー違反だし、勝った方も気分がよくない。

 同じことが塾の子供たちを見ていてもいえる。

 テストで失敗したとき、「死んだ~」「終わった~」とぼやき、死んだ仲間同士でおしゃべりを始める子や、すぐに答案をしまい込んでしまう子は、なかなか成績が伸びない。

一方、負けを負けと認め、すぐに解き直しを始める子や悔し涙を流す子、「なんでこんなばかなミスをしたんだろ!」と自分を責める子は、必ずといっていいほど成績が伸びる。

 いま参戦している道場は、チャットで感想戦をすることも棋譜を再現しながら自分で復習することもできる。

会心の勝利を得たときも、「勝ったからうれしい」だけでなく、その棋譜を再現しながら喜びをかみしめるのは最高に気分がいい。

 「悔しい」「うれしい」という気持ちを素直に受け止め、「次こそは」「次もまた」と振り返ることこそが、学習の基本なのだと思う。

(後)


●関連日経記事
:2017年5月17日グー・ブログ「息子たちに読んで欲しい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 教育「正解より大切なこと」=高校2年では、応用につながる思考力を=』(5月16日付)

●関連日経記事:2014年12月28日グー・ブログ「同上」投稿記事参照
 日経新聞 教育「新高校1年生、早くも不登校」=大人になれぬまま進学=(2011年5月30日付)』

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 開発「iPhone10... | トップ | 日経新聞 健康『強毒「ヒア... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。