日経新聞 インターネット『米大統領選「電子投票に疑義」』=専門家、再集計を提案=

2016年11月26日 03時13分46秒 | インターネット
日経新聞 2016年11月25日(金) P.7 国際2面
『大統領選「電子投票に疑義」』=専門家、再集計を提案=

 米大統領選の結果を巡り、コンピューター科学の専門家らが疑義を唱えている。

ウィスコンシンなど3つの州で電子投票機がハッキングされたり、結果が不正に操作されたりした恐れがあるという。

専門家らは民主党のクリントン陣営に再集計を提案しているもようだ。

 有力雑誌「ニューヨーク・マガジン」などが報じた。

ミシガン大学のコンピューター科学者、アレックス・ホルダーマン教授らのグループがウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニアの3週で集計結果に不審な傾向があることを発見した。

 3州は民主党の地盤とされているが、今回はトランプ氏がリードした。

3州では電子投票機が使われた郡では手書きの郡と比べ、クリントン氏の獲得票が少ないという不自然な傾向が出た。

ハッキングの証拠は見つかっていない。

(ニューヨーク=平野麻理子記者)


●関連日経記事:2016年11月18日グー・ブログ「息子たちに読んでほしい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 国際「米大統領選、勝ったのははプーチン」=トランプ大統領と米国 ③=』(11月17日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 経営「生保8社の... | トップ | 日経新聞 国際「メキシコ景... »

コメントを投稿

インターネット」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。