日経新聞 ことば『「バーゼル3」ようやく』=危機の連鎖阻止へ安全網=

2017年12月12日 08時29分04秒 | ことば
日経新聞 2017年12月6日(水) P.9 金融経済面
『「バーゼル3」ようやく』=危機の連鎖阻止へ安全網=

 国際的に活動する銀行を対象にした新規制「バーゼル3」の大枠がようやく固まる。

金融取引が複雑化するなか、日米欧が手を組み、国境を越えた危機の連鎖を食い止める安全網を整える。

欧米など中央銀行の金融政策が引き締めへと向かい、リスクは次第に表れやすくなる。
新規制の実効は早速(さっそく)試される。

 今回の新規制は2008年のリーマン・ショック以降の金融危機を受けて枠組み作りが始まった。

バーゼル銀行監督委員会は、8%以上の自己資本比率を課す1988年の「バーゼル1」以降、段階的に規制を見直してきた。

 今回の新規制は3段階に当たる。

 バーゼル3は銀行財務の健全性を高めるのが最大の狙い。

自己資本比率規制は維持した上で、リスク資産の算定方法を厳格化し、自己資本比率をより保守的にはじくよう促す。

環境激変で巨額損失が出た時の資本の余裕を大きくする狙いだ。

 グローバル展開する巨大金融の破綻に際し従来の規制や監督は有効でなかった。

金融危機の際は巨額の公的資金で損失を埋める「Too Big to Fail(大きすぎてつぶせない)」の対応が幅をきかせた。

新規制はこうした行動パターンを見直す。

バーゼル委は当初、16年末の合意を描いたが米政権発足、ドイツやフランスの国政選挙などもあって交渉が足踏みしていた。

(鈴木大祐記者、奥田宏二記者)


●関連日経記事:2015年10月14日グー・ブログ「息子たちに読んで欲しい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 政治「銀行の個性奪う金融規制強化」=市場不安定化の要因に=』(2015年10月11日付)

●関連日経記事
:2017年11月14日グー・ブログ「同上」投稿記事参照
 日経新聞 経営「株持ち合い解消 最終章」=「米会計基準改正」が促す企業統治改革=』(11月8日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 開発「AI×介護 ... | トップ | 日経新聞 インターネット「... »

コメントを投稿

ことば」カテゴリの最新記事