日経新聞 開発『IoT 標準化へ「日独連携に期待」』=IT見本市「CeBIT」独で開幕へ=

2017年03月20日 02時50分43秒 | 開発
日経新聞 2017年3月18日(土) P.13 企業1面
『IT見本市「CeBIT」独で開幕へ』

『標準化へ「日独連携に期待」』

 20日に独ハノーバーで欧州最大のIT(情報技術)見本市「CeBIT(セビット)」が開幕する。

今年は日本がパートナー国。
あらゆるモノがネットにつながるIoTの日独企業の出展で盛り上がりそうだ。

ドイツのIoT推進団体「プラットフォーム・インダストリー4.0」のベアント・ロイカート運営委員長(独SAP取締役)は、日本経済新聞の取材に標準化づくりにおける両国の連携強化に期待を示した。

 ロイカート氏は「製造業と技術分野が強い両国がCeBITを機会に協力を深められる」と話した。

「日本はロボティクスなどの分野に強く、デジタル化のリーダーだ。 ドイツは中小企業も世界的な競争力のある製造業があり、両国は補完関係にある」と分析した。

 日独の協力に期待する分野として「標準化、セキュリティー、法整備、教育、企業内の職業訓練」などをあげた。

なかでもロイカート氏が特に力を入れるのが標準化だ。
IoTでは様々な業種がデータを円滑に交換するため「標準言語」の整備が不可欠。

ドイツでは「RAMI4.0」と呼ぶモデルを構築している。

 さらに昨春には米国に拠点を置くIoT団体とも相互乗り入れで合意。

国際的な「仲間づくり」を進めており、ロイカート氏は「RAMIを日本の企業が採用するのも歓迎だ」と話した。

(フランクフルト=加藤貴行記者)

・・・・・・・・・・・・・・・・・
=関連インタビューを電子版に▼Web刊→紙面連動


●関連日経記事:2014年7月6日グー・ブログ「息子たちに読んでほしい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 国際「国際標準規格の重要性」(2012年4月11日付)』

●関連日経記事
:2016年1月23日グー・ブログ「同上」投稿記事参照
 日経新聞 開発『「止まらない工場」 IoTで実用化』=ファナック、米シスコと組む=』(2016年1月22日付)

●関連日経記事:2014年12月10日グー・ブログ「同上」投稿記事参照
 日経新聞 国際「ドイツから新産業革命」=革新力 The Company ①=』(2014年12月9日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 国際「国際決済 ... | トップ | 日経新聞 開発「次世代車の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。