日経新聞 健康「夏休みに五感取り戻そう」=こころの健康学=

2017年08月09日 18時12分32秒 | 健康
日経新聞 2017年8月7日(月) P.15 医療・健康面
連載『こころの健康学』=認知行動療法研修開発センター 大野裕=

『夏休みに五感取り戻そう』

 将棋にうとい私だが、藤井聡汰四段が連勝記録を伸ばしていたときには、人間の持つ潜在能力のすごさを感じた。

将棋についてはプロ棋士と人工知能(AI)の戦いも話題になった。
私は、プロ棋士がAIに敗れたというニュースに接した時にも、人間の持つ可能性を感じた。

 AIがどこまで発展するのかと不安と期待の入り混じった気持ちになる一方で、AIと渡り合える人間の潜在能力に驚きを感じた。

機械と違い心や体が一定していない人間が、機械とギリギリのところで戦えることに、人間の可能性を感じた。

 以前、ある講演会で将棋の高段者が感覚の大切さを話していた。
私もだが一般の人は高段者が何手先まで読むかを気にする。

しかし、その人は、先の手を読むよりも、その瞬間の感覚を大切にしているというのだ。

いろいろ考えて一つの手を打つ時、その手が良い手かどうかは、将棋の駒を将棋盤に置くときの感覚で判断するという。

 駒を置こうとしたときによい気持ちになるようだったら、安心して置くことができる。

しかし、何かすっきりしない、不愉快な感じになるようだったらよくない手なので、駒を引っ込めるという。

私は将棋のことはわからないが、五感の働きの大切さが伝わってきて、とてもよく納得できる話と思った。

 ちょうど今、夏休みをとる人が多い時期だ。
毎日、学校や仕事で学業や業務、家事など日常に追われていると五感が鈍りがちになる。

せっかくの夏休み、日常から少し離れて自然の中で五感を取り戻す体験をする機会にしていただきたい。


●関連日経記事:2017年7月30日グー・ブログ「息子たちに読んで欲しい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 開発「消費電力1万2000人分」=「AIと世界」 見えてきた現実 ④=』(7月27日付)

●関連日経記事:2017年7月19日グー・ブログ「息子たちに読んで欲しい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 人物紹介『人口知能はどのようにして「名人」をこえたのか?』=愛知学院大特任准教授 山本一成著=』(7月8日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 海外メディア『独... | トップ | 日経新聞 人物紹介「小林秀... »

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。