日経新聞 国際『「中東版NATO」の危うさ」=域内盟主サウジの過信、独善生む=

2017年08月11日 09時05分02秒 | 国際
日経新聞 2017年8月9日(水) P.2 総合1面
連載コラム『真相深層』=サウジ主導、トランプ氏支援で始動=

『「中東版NATO」の危うさ』=域内盟主の過信、独善生む=

 サウジアラビアが中東における多国間安全保障の枠組み作りに動き出した。

「イスラム国(IS)」など過激派組織の掃討へ「対テロ合同軍」の編成を目指し、5月のトランプ米大統領の来訪時には「中東版NATO(北大西洋条約機構)」創設へ支援を取り付けた。

だがサウジの強引さばかりが目立つ構想は、かえって域内の不安定化に拍車をかけかねない。

『40カ国と合同軍』
 サウジは2015年、アジアやアフリカを含む約40カ国と「イスラム軍事同盟」を結成済み。

合同軍はその傘下に置く。

加盟国から兵力を募り、リビア、イエメンなど過激派の温床とされる国に派遣する案が浮上する。

 過激派は欧州などで次々とテロを実行する。

イラクはISが本拠としたモスルを制圧したが「ISが打倒されても影響は残る」(国連開発計画のM・ワヒブ・アラブ局長)。

中東はテロ根絶へ対応策が問われている。

 一つの答えが合同軍だ。

ただし母体の軍事同盟はイスラム教のスンニ派国のみで構成され、、シーア派でサウジと不仲なイランは外された。

サウジが対イランの政争の具に(合同軍を=)使うとの懸念も強い。

 合同軍創設の動きは3月に本格化した。

サルマン国王がサウジ国王として46年ぶりに来日した同月中旬、政権の中枢を握る息子ムハンマド副皇太子(当時)の姿は米ワシントンにあった。

トランプ大統領の女婿のクシュナー大統領上級顧問らと「サウジをトランプ氏の最初の外遊先にするための魅力的な演出法」(サウジ近隣国の外交筋)をひそかに協議した。

 5月下旬、トランプ氏はサウジを訪れ、1100億ドル(約12兆円)の武器売却契約に署名。

さらにイスラム圏50カ国超の代表を招いた会合で、サウジの対テロ戦への関与を高く評価してみせた。

 共同声明には、米主導の有志連合とイスラム軍事同盟の結束の必要性も明記し、サウジ主導の対テロ合同軍を事実上支持した。

米高官は「中東版NATO創設も模索すべきだ」との趣旨の発言をし、集団防衛の常設組織への発展まで促した。

 米国と並び中東に影響力を持つ欧州は、内向きなトランプ政権の登場で「本家」のNATOの結束引き締めに追われ、中東版の行方は様子見の姿勢だ。

それでもイランとの協力を深めるロシアへの対抗上、利点はある。

 ところが冷や水をかける事態が起きた。

サウジが6月上旬、アラブ首長国連邦(UAE)やエジプトなどとともに親イランのカタールに断交を通告。

イラン漁民が領海侵犯だとしてサウジ兵に射殺される事件も起きた。

 なぜサウジは強硬な動きが目立つのか。

オバマ米前政権時代にこじれた対米関係の修復に成功したうえ、トランプ氏からは域内の盟主として「お墨付き」を得たことで、安堵を超えた「過信」が生じたように見える。

『頓挫重ねた歴史』
 イスラム軍事同盟にはカタールも名を連ねるが、断交で協力は望み薄となった。

カタールは米軍に対しIS空爆のための軍事拠点も提供しており、サウジの「独善」には米政府も当惑気味だ。

 サウジが軍事面で頼みとするパキスタンも動揺する。

サウジに請われてシャリフ前陸軍参謀長が合同軍司令官に就き、1個旅団5千人を派遣するとの観測も流れたが、今回の断交劇で機運はしぼんだ。

カタールから液化天然ガス(LNG)を輸入しており「エネルギー供給の行方を気にしている」と関係者は語る。

 中東の多国間安保の試みは過去にもあった。

NATO創設と同じ1950年代のバグダッド条約機構、91年の湾岸戦争を契機としたアラブ8カ国の合同軍構想などだが、当事国の利害対立などでいずれも頓挫した。

サウジ・ファイサル国王研究センターのJ・ケチェチアン主席研究員は「イスラム・アラブ圏の秩序作りは長期の視野が必要」と拙速を戒(いまし)める。

 だがカギを握るサウジのムハンマド氏は6月に皇太子へ昇格し、権勢は一段と強化された。

周辺国との摩擦を軽視し、合同軍や中東版NATO構想を強引に推し進めれば、イランとの対立は一段と深刻化。

その代理戦争の側面を持つシリアやイエメンの内戦をさらに泥沼化させかねない。

(編集委員 中西俊裕)


●関連日経記事:2017年6月8日グー・ブログ「息子たちに読んで欲しい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 国際「サウジなど、カタールと断交」=エネルギー調達に影=』(6月6日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 英語「実況 アリ... | トップ | 日経新聞 経済「遺産マネー... »

コメントを投稿

国際」カテゴリの最新記事