日経新聞 国際「ロシア製ミサイルで撃墜」=マレーシア機事件・最終報告書=

2015年10月15日 03時18分59秒 | 国際
日経新聞 2015年10月14日(水) P.7 国際2面
『ロシア製ミサイルで撃墜』=マレーシア機事件・最終報告書=

 ウクライナ東部で2014年7月に起きたマレーシア航空機の撃墜事件をめぐり、調査を主導したオランダ安全委員会が13日、最終報告を発表した。

ロシア製の地対空ミサイル「ブク」で撃墜されたと結論づけた。

ミサイルを発射した”犯人”は特定しなかったが、発射地点は新ロシア派が支配する「ウクライナ東部」だったと明記した。

 当時、紛争状態のウクライナ東部の上空は低高度の空域が民間航路として閉鎖されていた一方、撃墜されたマレーシア機が飛んでいた高高度の空域は開放されたままだった。

安全委は軍用機などの撃墜が相次いでいたことから、全空域を閉鎖しておく十分な理由がウクライナ政府側にはあったとも指摘した。

(ブリュッセル=森本学記者)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 国際「中国内需 伸び... | トップ | 日経新聞 経営「GE、金融の一... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。