日経新聞 健康「怒り 瞬間的な反応を抑えて」=こころの健康学=

2017年07月11日 08時47分27秒 | 健康
日経新聞 2017年7月10日(月) P.13 医療・健康面
連載『こころの健康学』

『怒り 瞬間的な反応抑えて』=認知行動療法研修開発センター 大野裕=

 ここのところ何回か、乗客同士のトラブルで電車が遅れる体験をした。

満員電車の中で皆、気が立っているのかもしれない。

何かのきっかけで怒りに火がつき、それが相手に怒りの反応を引き起こし、いわゆる乗客トラブルに発展したのだろう。

 じつは私も、電車の中のちょっとした出来事で腹立たしく感じることが少なくない。

隣に立つ人のバッグが体に触れたり、駅で扉が開いたときに急いで出ようとする人にぶつかられたり、ほんのささいなことでもイラっとする。

 混雑ストレスという言葉があるが、私たちには安心できる個人的な空間があり、その中に侵入されるとささいなことでも大きな問題のように感じ、強く反応してしまうことになりやすい。

 しかし、そこで相手に怒りをぶつけても良いことはない。
相手の怒りを引き出すことになるだけだ。

一般に人間関係では気持が伝染しやすく、怒りのようなネガティブ感情は相手に同じ反応を引き起こしやすいことが分かっている。

情緒的な態度は相手に同じ反応を引き出す傾向があるのだ。

 だから、怒った表情になったり、きつい態度を取ったりすると、相手も同じように怒った表情になり態度がきつくなる。

お互いの怒りの感情が高まり、衝突につながる。

 そうしたときには、自分の反応を少し遅らせるように工夫してはどうだろうか。
瞬間的な反応は感情に流されていることが多い。

だから、サーフィンのようにその感情の波をやり過ごして、その上で次の行動を考えるようにすることが役に立つ。


●関連日経記事
:2016年8月16日グー・ブログ「息子たちに読んで欲しい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 健康「語り合い 気持ち和らぐ」=こころの健康学=』(2016年8月14日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 政治『「税による... | トップ | 日経新聞 海外メディア「傲... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。