日経新聞 国際「インド携帯通信会社、海底ケーブル敷設」=アジア~欧州結ぶ=

2017年07月08日 07時43分13秒 | 国際
日経新聞 2017年7月6日(木) P.11 アジアBiz面
『海底ケーブル敷設』

『アジア~欧州結ぶ』=印リライアンス系=

 インドの携帯通信会社リライアンス・ジオ・インフォコムは、アジアとアフリカ、欧州を経由する新たな海底ケーブルを敷設(ふせつ)した。

中国国有通信大手の中国聯合網路通信(チャイナユニコム)やタイ国営通信会社のTOTなど複数企業が参加するプロジェクトで、総延長が約2万5千キロメートル。

規模としては過去15年間で世界最大級という。

 海底ケーブルはフランスのマルセイユから地中海や紅海、アラビア海、南シナ海を経由して香港まで結ぶ。

ベトナムの通信最大手のベトナム軍隊通信グループ(ベトテル)やパキスタンのPTCL、中東やアフリカの通信会社など合計19社でつくるコンソーシアムの共同事業で、投資額は明らかにしていない。

 アジアで動画コンテンツの視聴や音楽のストリーミング配信、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用など外国とのデータ通信が増える中、海底ケーブルの増強で需要に応える。 

インド国内では1秒間に最大40テラ(テラは1兆)バイトと大容量のデータ送受信が可能となる。

 リライアンス・ジオは印大手財閥リライアンス・インダストリーズの子会社。
データ通信価格の低さを売りにしている。

(ムンバイ=早川麗記者)


●関連日経記事
:2017年3月18日グー・ブログ「息子たちに読んで欲しい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 開発「グーグル、クラウド反撃」=年1兆円投資、AIテコに開拓=』(3月16日付)

●関連日経記事:2016年10月25日グー・ブログ「同上」投稿記事参照
 日経新聞 インターネット「海底ケーブル網に見る情報の集積地」=米国は中国と太くつながり、アジアのハブはシンガポール=』(2016年10月23日付)

●関連日経記事:2017年5月4日グー・ブログ「同上」投稿記事参照
 日経新聞 インターネット「11億人にID 貧困改善へ」=インド固有識別番号庁初代総裁 ナンダン・ニレカニ氏=』(5月1日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 安心・安全「イエ... | トップ | 日経新聞 国際「日欧EPA... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。