日経新聞 インターネット「ソラコム: IoT向け通信基盤を提供」=発掘! 「日本版ユニコーン」=

2016年10月25日 02時16分38秒 | インターネット
日経新聞 2016年10月24日(月) P.11 新興・中小企業面
連載『発掘! 日本版ユニコーン ⑦ 』

『「ソラコム」 IoT向け通信基盤』=初期投資抑え、導入4000超=

 ソラコム(東京・世田谷)はクラウドを使い、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」に対応した通信基盤を提供する。

中小企業がIoTを始める上で障害となっていた初期投資と通信費を抑えた。
サービス開始から1年でユーザー数が4000以上になった。

 顧客企業はソラコムが開発した専用のSIMカードをセンサーやタブレットなどの端末に挿入するだけで、IoTを始められる。

牧場が牛の個体管理をしたり、タクシー会社が走っているタクシーの車内広告を一気に変更したりするために利用されている。

「米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービスをIoTにも活用できないか」。

玉川憲社長(40)が事業モデルを思いついたのは、アマゾンに勤務していた時、同僚と食事をした席だった。

 仮のプレス資料をまとめ、翌朝、改めて読み返したところ、「これはいける」と判断した。

39歳の遅咲きの企業家が生まれた瞬間だった。

 創業直後に7億円の資金調達に成功、今年も30億円を調達した。
今後の海外展開も視野に入る。

玉川社長は「アマゾンのクラウドのように世界で使われる通信基盤に育てたい」と意気込む。

▲会社概要
・創業年: 2015年

・代表者: 玉川憲氏
・従業員数: 30人(16年10月時点)

・企業評価額:180億円(推定)


●関連日経記事:2014年4月2日グー・ブログ「息子たちに読んでほしい日経記事」投稿記事参照
 日経新聞 インターネット「アマゾン、クラウドで世界席巻」=米国防総省、品質に『お墨付き』=』(2014年4月1日付)

●関連日経記事
:2016年10月25日グー・ブログ「同上」投稿記事参照
 日経新聞 インターネット「海底ケーブル網に見る情報の集積地」=米国は中国と太くつながり、アジアのハブはシンガポール=』(10月23日付)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経新聞 インターネット「... | トップ | 日経新聞 政治「老いる水道... »

コメントを投稿

インターネット」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。