ひまわり大作戦2009

ご無沙汰しています
随分前に更新して以来、そのままになっておりましたが、体調を崩したりしていた訳ではありません

そんなこんなで気づけばすでに6月
日も伸びて毎日暑いですが、みなさんいかがお過ごしですか?


夏といえばいろいろあるとは思いますが、夏の強い日差しを象徴するような花・ひまわりを植えるために、仲間と奮闘しています

毎年、千葉のFM局のbayfmでは「ひまわり大作戦」というのを行っていて、私も毎年
参加してひまわりを育てています。
このひまわり大作戦は、県内に住むリスナーが協力してひまわりを咲かせ、道行く
人々に笑顔を与えようという試みです。

今年は、市内に所有する土地を使って大々的に行うべく、がんばっているのですが、草が凄い


草刈機でやれば早いのですが、根っこを残すとひまわりの生育にも影響するので、
みんなで手作業で抜いています


次の問題は石
埋め立てがいい加減だったから石が凄い


この石の多さで耕運機で耕すのを断念
大まかに石をどけて後は鍬で耕すという人海戦術に・・・
先月から作業を開始し、今週末は鍬で耕す作業を実施予定。


今週の水曜には仮設水道も開通するし、みんなからのひまわりの種の寄付もあり、
ひまわり大作戦への準備は着々と整ってきています!

手作業で大変だけど、たくさんのひまわりを咲かせるためにがんばります

今回からひまわり大作戦の終了までを写真日記風につづっていきますので



すべての始まりはここから


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

芋井戸

 親戚の墓参りに南房総市白浜町に来たついでに、芋井戸に寄ってみました。

弘法大師に由来する井戸は全国に数ありますが、この芋井戸も弘法大師に由来します。

遥か昔から清らかな水をこんこんとたたえ、時には生活用水として、住民を支えたこの井戸も、水道の普及で今は使われていませんが、色とりどりの恋が気持ち良さそうに井戸を泳いでいます。

白浜に来たら見てみてください!
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

賀正

あけましておめでとうございます!

半年以上にわたってお休みしていましたが、年が明けたので心機一転、ブログを再開したいと思います!

写真は、自宅近くの畔道に咲く菜の花です。
南房総には一足早く春が訪れていますので、機会がありましたら、早春の南房総へぜひどうぞ♪ 

というわけで、再びよろしくお願いしますm(__)m 

      pine
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

ハーブ茶話会

 
 仲の良い方がオーナーのカフェで行われた、ハーブ茶話会に参加してきましたよ!
以前から、ハーブとかに興味があったけど、こういう催しはあまりないし、男性が参加するってのも気が引けて、敬遠してましたが、今回は軽い気持ちで参加してきましたよ。

 一口にハーブと言っても、色々な種類があり、それぞれ効能も違うそうだ。
今回、講師を務めた園藤祐子さんによると、ハーブの香りというのは、葉の裏側に小さな袋があり、そこから香りを発するので、葉の裏側を指でこすってみてくださいと言われ
先生、一押しのスイートバジルの匂いを嗅いでみる。
 なるほど、一押しだけあって、なかなかいい香りだ!

 今回は、ハーブティーを飲みながら、みんなでハーブオイルを作ってみましたよ!
これが意外と簡単で、先生の言うとおりにスプーンでビンの中に入れていくと、出来上がり

どうです?ハーブオイルって感じします??

このハーブオイルも含め、ハーブって、料理するときに結構、活躍しますよね?
ここで、先生から教わったうんちくをひとつ。

「ソーセージ」ってありますよね?あれは、先述したハーブの一種のセージと雌肉のソーをあわせた言葉で、まだ冷蔵技術が発達していないころ、肉を保存するために
ハーブを用いていたそうな。
ね、ためになったでしょ?!どこかで、誰かにこのうんちく語ってみてくださいね!
きっと、尊敬の眼差しで見られるはず!?

みんなも上手にハーブを使って、健やかな生活を過ごしてくださいな

先生が作った、ハーブの寄席植え。
いつかこんな風に作ってみたいものです・・・

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

海風を感じて

 お久しぶりです!
ここのところ全く更新できていませんでしたね・・・
 私は今、地元・館山のフィルムコミッションの設立に奔走する傍ら、地元で製作が進んでいる映画「海風を感じて」に協力しています。

 この「海風を感じて」は館山市にある沖ノ島を舞台に、地元の方がプロデューサーなどになり撮影する自主制作映画です。
 製作チーフの監督と主演の俳優・女優以外は、製作も演者も地元の方を使って製作されます。

 来月のクランクインを前に、先日、鴨川市にある、大山千枚田のイベントを撮影してきました。

ご覧の様に、棚田全てに松明を灯し、陽が落ちて、辺りが暗さを増すころ、炎の揺らめきが何ともいえず綺麗で、しばし見入ってしまいましたが、今日は、映画の撮影の
お手伝いなので、しっかりと撮影の手伝いをしてきましたよ。

 来月の梅雨の鬱陶しい時期に、俳優さんや女優さん、私も含めた裏方の製作日記
をアップし、館山から爽やかな風を送れればなぁと思っています。
 今回起用する女優さんは、みんなが知ってる、あの女優さんですよ!
誰なのか?も含めて、来月の製作日記をお楽しみに!!

 


映画の舞台となる、館山市にある無人島・沖ノ島。

 

 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

奮闘

 ご無沙汰しています。
まだ工事は残っていますが、建物の引渡しも終わり、少し余裕が出たので、これからまた色々なことを綴っていきたいと思います。

 先日、南房総市内で「感染列島」という妻夫木聡や壇れい主演の映画のロケが行われ、私も自衛官の役でエキストラとして出演することになり、意気揚々とロケ現場へ行ってきました!

 早朝7時45分にロケ現場から程近い平群小学校に集合し、ロケバスで撮影場所で
ある元採石場へ。
 すでにセットも出来上がっており、撮影の緊張感がみなぎっている。
 現場に入り気になったのが、鶏の大量の死骸・・・一体、何のために使うんだろうか?

 受付を済ませると、演出の方に呼ばれ、衣装の説明を受けることに。
「そりゃそうだよな、自衛隊の制服の着方って、ちょっと違うだろうからなぁ」とか思いながら、衣装の入ったテントの前に。
 「はい、今から説明するのでよーく聞いててくださいね。あとでこれと同じものをみなさんに来てもらいますから」と演出の人が言っているので、眠い目をこすりながら、必死で聞いていると、どうも様子が変だ。
 「自衛隊の制服といえば、あの緑色のものだろ?なのにこの白色の給食工場の制服みたいのは何だろう??」とか思いながらも説明どおりに着てみることに。
結果はこれですよこれ!

 どこが自衛官なんだよー

 あてが外れた私はすぐに呼びましたよスタッッフー、スタッッフーってあの芸人さんみたいに!
したらなんと、自衛官の役は明日で、今日はこれを着た作業員の役をやるとのこと・・・

 軽いめまいを覚えながらも一生懸命にやりましたよ、作業員の役を!
さっき、入ってくる時に見た鶏はこの映画の核心ともなるもので、鳥インフルエンザに
かかった鶏の死骸の模型で、それを袋詰めにして穴に埋める作業員の役を演じたのです。
 だけど、模型にしては「におい」がリアルだなぁ・・・なんて思ってると、鶏舎を模したセットの中には本物の鶏たちがいるそうな。そりゃリアルなわけだなぁと妙に感心したりして、午前中のロケはおしまい。

 同じ釜の飯をとかよく言うけど、息苦しさをこらえて一緒に演技したエキストラ同士
仲良くなって、小高い丘でいっしょにお弁当を食べてると、あることに気付いた。
付近住民らしき人たちが見てる。
 エキストラといえども演者であることにはかわらず、ちょっと嬉しくなったりしたけど
なんか変だ??どうも不安そうに見てるような・・・
 
 一緒にお弁当を食べてたおじさんが、核心を衝くことを言った。
「パナ○ェーブと勘違いしてるんじゃない?だって、山の中でこのかっこうだよ!」と自分の衣装を指差しながら言っている
 おりしも演出のためにT○Sの中継者や警視庁のパトカーやらテレビリポーターの
演者やらが来てる時だから、そう思われてもしかたないかもなぁ・・・
その時、堅く心に誓った。「もう、高圧電線の近くには寄るまいと!」

 ま、そんなこんなで、食べ放題の揚げパンをたくさん頬張りながら夕方まで作業員
の役をやりぬきました!
 私の熱演は、ぜひスクリーンで!!

おまけ

↑数ある揚げパンの中でも一番美味しかったきな粉揚げパン。

 

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

コンピアルバム

 今日も本当に寒いですね~
みなさん、体調とか崩されていませんか?
 私は、ここのところ公私にわたって忙しかったためか、今、体調を崩してしまいました
 そんな時はお家でゆっくり過ごすしかないですよね。
本当はwiiをやりたいのですが、未だに買ってないためにTSUTAYAでCDをレンタルしました。

 「R35」というコンピレーションアルバムが大ヒットした影響で、最近は色々なコンピものが出ていますね!
 その中でも気になっていたのが「H2O」というコンピアルバムです。」


 これは、1988-2007年までにヒットした曲が収録されていて、「R35世代」から「ゆとり世代」までが幅広く楽しめるアルバムです。
 プリプリ(←この呼び方をしている人は私と同年代です )の曲なんか、懐かしいです!
 これを聴いていると、これってそんなに古い曲なんだなぁとか、そういえばそのころ
こんなことがあったなぁとか色々思い出したりしていいですよ!
 暇なときがあったらぜひぜひ聴いてみてくださいな

 さてと、記事を書き終えたら、返却しがてら「燃唱系」を借りてこようかな。

コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )

famille

 きのうは寒かったですね!
みなさんのところは雪積もりましたか?我が街館山は積もらずに済みましたよ。

 ところで、今現在、賃貸住宅を作っていてそれらの作業に追われていて、ブログの更新やお返事を書いたりみなさんのところへ遊びに行ったりすることができません。
せっかくなので、どんなことをやっているのかちょこっとだけ触れておこうと思います。

 去年の夏に農地を買い、農地転用許可や建築確認申請を終えて、去年の12月中旬に着工した今回の物件。
 今現在、順調に工事は進み、来月の開業に何とか間に合いそうです。

 今回の物件の特徴は、ご入居者様がご家族で楽しく・安心して暮らせるようにというコンセプトのもと、建物や外構を設計しています。
 防犯に配慮し、カラーモニター付のモニターフォンの設置やお子様が安心して遊べるように南向きの部屋の前にはウッドデッキを配置し、敷地内には専用の公園も設置しました。

 現在、1期工事の2棟を工事中ですが、来春までには2期工事を完了し、ご家族が
楽しく生活できるように色々と工夫を凝らしています。
 また、ご家族で使うことを念頭に名称も「famille」としました。

※現在、図中Bはご入居者様が決まっております。
また、図中Cは2期工事のため、3月よりの入居はできません。

上棟時の様子

今現在の様子

来月の竣工を目指して、みんなで力を合わせてがんばっています!
見学会も予定しておりますので、その機会があればぜひ実物をご覧ください!

 

 

 

 

 


 

 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

惜しい!

 大寒を過ぎ、ますます寒さが厳しくなってきましたね~
みなさん、かぜとかひいてないでしょうか?

 今日、仕事の途中で一旦家に寄ると、自宅近くの線路際にたくさん人が集まってるので何だろう??と思い、近寄ってみる。

 線路際にいたJRの職員らしき人に聞いてみると、今週末に走るSLの試運転でまもなくここを通過するのだという。

 去年も見たけど、走っている姿を間近に見る機会ってそうはないだろうと思い、雪が舞ってきそうな寒空の中待つこと10分。遠くから「ボォ~」という汽笛が聞こえ始める。
 辺りを見回すといつの間にか集まった鉄道マニアや付近の住民らで混雑している。

 汽笛の音が段々と大きくなってきたその時、遂にSLがその姿を現した!!
持っていたケータイを構えると・・・運転士の方が気を利かせてくれ、汽笛を鳴らしてくれたのはいいが、蒸気でまったくSLが見えない

 蒸気が消えた時にはもう機関車がすぐ目の前に!
迫力ある写真が撮れると思ったのも束の間、ケータイのボタンを押してからのレスポンスが非常に遅く、撮れたものは一番いいところを逃した写真
 客車から車掌たちが愛想良く手を振っているがむなしい・・・

 ま、でも間近で迫力ある姿を見れたからヨシとするかな
渾身の力作はコチラ↓

コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )

不思議な味

 ここのところ寒いですね~
みなさん、かぜとかひいてないですか?明日から再び冬将軍がやってくるそうなので
かぜとかに気をつけてくださいね!

 そんな寒風吹きすさぶ中、寒がりな私は、暖を取るために、以前、「至福の時間」という記事でもお伝えした、市内にあるカフェに行ってきました。

 再びカプチーノを頼んで、出来るのを待っている間にカウンターの上にある物に目が
止まる。それを知ってか知らずか、マスターがその商品を少しばかりお皿に盛って食べさせてくれた。
 それがこちら

 北海道の「ロイズ」という会社のポテトチップチョコレート。
北海道っていうといろいろな意味で有名な「白い恋人」があるけど、これは全然知らなかった。

 早速いただいてみると、普通のポテトチップにチョコが塗られているだけなのだが・・・塩気と甘味が何とも言えず絶妙で、やめられない止まらない♪
 
 特筆すべきはポテチに塗られたチョコが最高に旨い

 来月はバレンタインですよね?ロイズでもバレンタインギフトがあるそうなので、心優しきブログ仲間のみなさん、私に贈ってきてくださいな

 いずれにしてもこの「ロイズ」の商品はおいしいので、一度お試しあれ~
ちなみにこの「ロイズ」の商品は会社直営の通販サイトでも品切れが続くらしいですよ!
 
 さてと、また残りを食べようっと♪

コメント ( 12 ) | Trackback ( 1 )
« 前ページ