地球散歩

地球は広いようで狭い。言葉は違うようで似ている。人生は長いようで短い。一度しかない人生面白おかしく歩いてしまおう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2006-07-27 22:55:22 | スペイン語

 Lluvia(リュビア/ジュビア)

 私がマドリードにいると雨が多い。雨季に行っているのか?そんなことはないと思うのだが、マドリードを思い出すときはいつも雨の景色。
 私がはじめてマドリードに降り立ったときに感じた色は灰色。エンデの『モモ』に出てくる灰色男が似合う町のイメージだった。
 いつのころからか、雨の降る街に靄がかかって、車のテールランプの赤い光がぼんやりと光るのを窓から見下ろすのが好きになった。
 マドリードは美術館の宝庫。雨の日の美術館めぐりは最高。空気がしっとりとしていて、作品たちがつやつやしている気がする。雨の日が一番似合う美術館はMuseo Sorolla(ソリョーリャ美術館)。
 ソリョーリャ画伯のアトリエだった美術館の門をくぐると、アンダルシア風の庭があり、タイルとレンガの地面は雨で輝いている。
 バレンシアの海岸の絵などを見ていると、外の雨音が地中海の波の音に変わってくる。

 マドリードにlluvia de estellas(満点の星空)はないけれど、
 
lluvia de regalos(たくさんの贈り物)がつまった街であることは確かだ。

 さあ、モノトーンのシックな傘を持って、マドリードへ
 雨のそぞろ歩きを楽しみに

  「ジュビア」と声に乗せると、雨粒の宝石が零れ落ちる気がする[a]

 雨だれになってクリックしてね
 
人気blogランキングへ

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コーヒー | トップ |  »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雨のマドリード (オルサ)
2006-07-28 00:09:52
一度訪れたときには、たまたまマドリードは快晴だったので、雨のマドリードをイメージすることができません。



ソローリャという画家を知りませんでした。美術館の公式サイトで絵を見てみると、見覚えがあるような人物画。サイトで見られるものの中では、「Los Guitarristas, Costumbres valencianas」「Trata de blancas」あたりが好みです。



http://museosorolla.mcu.es/colec_pintura.html
オルサさん (碧)
2006-07-28 23:09:55
人それぞれのイメージがあって面白いですよね。ソローリャは日本であまり知られていませんが、マドリードに行かれる方にはぜひともオススメ。

特に地中海好きには気に入られることと思っております。

「CLOTILDE CON TRAJE DE NOCHE」のようなグアッパに生まれ変わったらなりたいです。



Unknown (siawasekun)
2006-07-29 10:14:48
マドリード。

雨。

なるほど。



人気ブロ、3位ですね。

凄い。



お互い、頑張りましょうね。
碧さんの感性が大好きです (elly)
2006-07-29 23:20:49
『地球散歩』を読んでいると、いつも自分の感性が研ぎ澄まされていくのを感じることができるし、地中海の風景画が眼前に広がっていくのを体感できて心地よいのですが、中でも今回の記事は私にとって特別なものになりそうです。碧さんの紡ぎだされる言葉のひとつひとつが「切ない」という意味で胸のイタミを誘います。私がマドリッドに降り立った時、その時も雨だったため、碧さんが描かれている光景が容易に目に浮かぶようです。小雨で靄がかかった街にぼんやり浮かぶテールランプも。雨音が地中海の柔らかい波の音に変わっていくとおっしゃる感覚も。マドリッドの美術館で出会うことができるイスラーム文化に、おそらくほっとした感覚を持たれている碧さんも。そして何より不思議なことに、私もジュビアという言葉には雨粒の宝石を連想させられていましたから。マドリッドという街はlluvia de regalosであり、碧さんにとってはlluvia de memoriasでもあるんでしょうね。
雨にも♪ (Beijinglotus)
2006-07-30 14:39:57
梅雨のように長く降り続くジトジト雨はいやだけど、

夏にザーッと降ってカラッとした空気を運んでくれる雨、しとしと降る優しい雨は好きです。

写真の葉にカタツムリが乗ってるのかな?

黒ぽくて珍しいですね。

それに葉を見るとアジサイぽいけど

花は黄色、もしかして黄色いアジサイ?

新鮮でかわいい♪

子供のころさした赤い傘を思い出しました。

あ、赤いテールランプと同じ!

雨の日は赤が似合うのかしら(笑)☆
ジュビアをみなさまに (aoi)
2006-07-31 23:46:09
siawasekunさん

いつも読んでくださってありがとうございます。

目指せヨーロッパランキング3位です!



ellyさん

ellyさんのコメントに切なくなりました。今ではいろいろと本当に雨粒の宝石が磨かれて、マドリードという宝石箱に落ちて輝いています。

実は今回文章にしてみるまで、ソローリャの庭がアンダルシア風であると意識していませんでした。

なんだかんだ、私はイスラームから離れることが出来ないようです。



Beijinglotusさん

私も雨に赤が似合うと思います。

夕立が一番好きです。

青好きの私も長靴はいつも赤でした。

この花はランタナで、地中海地方でも見られます。

写真は家のものですが。

花は3センチくらいのもので、カタツムリは5ミリぐらいです。

この写真は撮るのが変でした
マドリッドのジュビア情報 (アミーゴプラザ)
2006-10-25 01:52:48
碧さん、お久しぶりです。

トラックバックありがとうございました。

マドリッドの雨、今日は降りませんでした。

でもずっと曇っていて、いつ何時また

降り出すか・・・という雲行きです。

今回の雨、かなりまとまって降ったので、

10年ぶりくらいじゃないか、と

今日乗ったタクシーの運転手が言ってました。

ガリシアのほうでは洪水が起こっているみたいですし・・・。

マドリッドに住む私にとって、トルメンタは良いのですが、

しとしと降る雨はこの街には似合わない!というのが持論です。。。

アミーゴプラザさん (碧)
2006-10-25 21:01:01
ご無沙汰しております。

洪水ですか!ちょっと心配ですね。

自称雨男さんが、ただいまスペイン入りしているので、それでかしら?なんて思ってしまいました。

とにかくマドリッドでは良く降られるので、10年ぶりというのは驚きでした。

晴れたころ遊びに行こうっと♪
今日も雨・・・ (amigoplaza)
2006-10-26 06:17:01
この間のコメントで雨は降りませんでした、

と書きましたが、その後夜になって降り出しました。

そして今日も午前と夕方、そして夜と断続的に降っています。

自称雨男さんがスペインから脱出するのは

いつ頃ですか?

できるだけ早い時期が良いです。

洗濯物が乾かなくて困っています。

碧さん、今度マドリッド入りされる際には

是非ご一報を!

お会いできるのを楽しみにしています!
amigoplazaさん (碧)
2006-10-26 23:02:02
あららら。

雨男さんはもうパリではないかと、想像しています。

とても素敵なブログを持っていらっしゃいますから、

ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

匂いのいい花束。

http://nioinoii.exblog.jp/
Unknown (amigoplaza)
2006-11-27 22:44:54
あれから雨は降り続いているわけではないのですが、
降ったり止んだりの日が続いていて空気が湿っています。
袋を開けて、出しっぱなしにしていたガジェータが
2,3日で湿気てしまうくらいです。。。
今日はやっと晴れていますが、
一昨日は雨、昨日は一日中曇りでした。
今年は雨の年のようですね。。。
amigoplazaさん (碧)
2006-11-29 23:33:18
日本はもうちょっと降ったほうがいいかな?と言う感じです。
湿度が高いのは困りますね。
あんまり寒くない冬だといいですね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
本日の逸品 06.07.31 (ブログ評論)
こちらでは、今まで掲載されましたブログの中から「これは」と思われる記事を、1日に1品、追加でご紹介してまいります。 [地球散歩]『雨』 ライター:pino de roma さん  さらさ さん 碧 さん ■ひとこと
雨のマドリッド (スペインの美味しい食卓から)
先週の月曜日(10月16日)から今日まで8日間、 マドリッドは雨が降ったり止んだりの日が続いています。 何年ぶりのことでしょう! こんなに雨が降り続くのは・・・。 いつだったか、数年前の春の頃、1ヶ月以上降ったり止んだりが 続いたことがありまし ...