PIN-KIRI気分

母子家庭ママの徒然日記です。

UP-DOWNな毎日の御紹介を。

別居のすすめ9(3年前の日)

2011-07-27 | 離婚
サイは投げられた。

2度目の内見のあと、なんども不動産屋さんの交渉を繰り返し
とうとう、相手方のガス会社社長が折れた。

じゃあ、お前には売らん!
とならなかったのは、早く物件を手放したかったか
それとも、夫から逃げ出して、母子家庭になる決心のPIN-KIRIに同情してくれたのか。

当初の販売価格、2000万円チョイに対して、デンネンさんが出した価格は1500万円。
はっきり言って、この辺の平均価格よりも超ブッカケた、とんでもない破格!
私がオーナーなら、お断りだ。

相手方は、「リフォームでお金がかかっているから・・・」と渋ったけど
それでも、最後は1800万円に。

デンネンさん、いわく

「みんな、ローン組むと思って油断するけど、値引き交渉は絶対必要。10万円の値引きだって大事。」

なんだそうですよ皆さん。

「200万円返すと思ってみなさい大変だよ。200万円すぐに貯金できる?10万円、ポンと使える?」

なるほど。確かに。
小銭をため込む人って、そういう風に考えるのか。
どうりでPIN-KIRIのお財布、いつも閑古鳥。

値段交渉がハッキリしたところで、次はローンの手続き。
ここは、不動産屋さんの腕の見せ所。

「大丈夫です!絶対に、良い条件で貸してくれるトコ探しますから!」

頼みます。ここは、任せて安心。

経験が豊富だろうし、何より、ローンが組めなきゃ契約が「お流れ」だからね。
不動産屋さんも必死に銀行探してくれるはず。

「最低でも、7社以上かけあいます。一番良いとこに決めましょう。」

こうして、ローンを組むための、事前審査の手続きに入ってもらった。
不動産屋さんの担当者さんあての委任状に印鑑を押す。

「ところで、PIN-KIRI様、今お住まいの持ち家、ローンが残っておられますね?」

「はい。・・・何か、不利ですか?」

「いえ、銀行に審査依頼するときに、ちょっと心配なことが。」

「年収ですか?それとも、性別?」
こないだ、デンネンさん女は契約でなめられるとか言ってた。

「いえ、そこではなく。」

不動産やさんは、鞄から書類をいくつか取り出して渡してよこした。

「記載している書類の準備を、お願いします。」

なになに、源泉徴収票、戸籍抄本、今の家の固定資産税とか土地価格調査書?あとは・・・

「現在のローンの、借入契約書の写し?」

「それです。」

なんで、今の家のローンの?今度の家のローンは新しく借りるのに?


「PIN-KIRIさん!現在の家のローン、御主人の連帯保証人に、なっていませんか?」


暗転。

連帯保証人?なんか重たい言葉だ!
もし、そうなら、どうなるの?

グルグルする嫌な不安を押さえながら、すぐにデンネンさんの携帯ナンバーを押す。

助けてくれ!「小銭の天使!!」



←『別居のすすめ8』へ戻る




↓↓ランキング参加中!ぽちっと応援お願いします!
人気ブログランキングへ

↓↓ランキング参加中!こちらもぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 家族ブログ 離婚(・別居)へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供手当 | トップ | 「坊っちゃん」の恋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。