Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

右に寄せるから中央が分かる

2016-10-14 17:49:08 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

直近マークの無い交差点での右折は、
交差点の中央で曲がっていきます。
導流帯があればそのガイドに従って走れば良いのですが、
それも無い場合は、
ドライバーが“架空の中央点”をイメージしなければなりません。

しかし、過去に運転経験のある人は、
「交差点の中央で曲がる」という理屈は頭の中では分かっていても、
失念なのか、横着なのか、
手前のうちに斜めに右折してしまうことが多いですね。

一方、過去に運転経験の無い人は、
「交差点の中央ってどこ?」ということが多いようです。

そういう教習生には、
「いま走っている道のセンターラインと曲がる道のセンターラインが交わる所」
と教えています。
そして、「いま走っている道のセンターライン」というのは、
右折のために寄せていく際に見ているはず(2日前の記事を参照)ですから、
「曲がる道のセンターライン」さえ意識して見れば、
「交差点の中央」がイメージできるでしょう。
加えて言えば、
「曲がる前に曲がる道の先を見ておく」ことで、
ハンドルの回し加減やその後のアクセルの踏み加減も調整しやすくなります。

右折に係る一連の動作すべてが
「右に寄せる」ことから始まることを覚えておいてください。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寄せるけれども寄せようとは... | トップ | 「集客」という言葉に抵抗感... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む