Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

寄せるけれども寄せようとは意識しない

2016-10-12 12:49:02 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

右左折する手前では、
曲がる側に車を寄せていってください。
しかし、ハンドルを使って寄せようと意識すると、
車がふらついてしまうことがあります。

もちろん、車を右や左へ進めるのですから、
ハンドルを傾けなければなりません。
しかし、ドライバーが意識的にハンドルを操作すると、
どうしても多めに回してしまいがちです。
そして、傾き過ぎた車体をまっすぐにするために
またハンドルを逆に回す、という繰り返しで、
車がふらついてしまうのです。

この症状が出るのを防ぐにはどうしたら良いかというと、
やはり、ここでも「前見て加速!」を使って欲しいのです。

右へ寄せるならセンターラインの先の方を、
左へ寄せるなら左の縁石の先の方を見て、アクセルを踏んでいけば、
車は自然にそちらに向かってくれるはずです。

ただし、障害物の先をすぐに左折するようなケースでは、
ハンドルを意識して回さなければなりませんので、
これには例外もあることは、承知しておいてください。


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「送り狼」と「送りハンドル」 | トップ | 右に寄せるから中央が分かる »
最近の画像もっと見る

あわせて読む