Pilot-Kの「前見て加速!」

自動車運転に関するアドバイス・感想等を書いていきます。※偶数日更新(原則)

「集客」という言葉に抵抗感があります

2016-10-16 15:49:07 | Weblog

←※投票よろしくお願いします!

電話帳にFAX番号を掲載している以上は仕方が無いのですが、
毎日毎日、下らないDM-FAXが何枚も届いて、辟易しています。
FAXデータをメールで届けてくれるサービスも検討してみたのですが、
コスト比較してみると、紙代+トナー代+機械の減価償却費の方がまだ安いので、
また、必要なものは結局プリントアウトすることになるため、
紙で出す形のままにしています。

ところで、そのDM-FAXの中に、
「集客」とか「集客効果」といった言葉を使ったものが紛れてくることがあり、
気になっています。
ウェブサイト制作業者に多いような気がしますが、
彼らは、どういう意味で「集客」という言葉を使っているのでしょうか。

これが、イベントの開催とかスーパーマーケットのような業態なら、
数多くのお客さんに来てもらえるのが良いので、
「集客」という言葉に魅力を感じるでしょう。
しかし、この商売(運転指導)は、基本的に「マンツーマン」ですから、
「不特定の顧客に“広く”アプローチする」のでなく、
「特定の顧客に“深く”アプローチする」必要があるのです。

ひどいものでは、
「行列ができる」という言葉を自慢げに使って憚らない業者もあります。
そもそも、実際に「行列ができる」という状態は、
お客さんにとってばかりか、お店にとっても好ましい状態ではないことが
解らないのでしょうか。

おそらくウェブサイト制作には長けていても、
マーケティングに関しては全くの素人なのでしょう。
そんな業者に自社の宣伝を任せたいとは思いません。

もっとも、「集客」にしても「行列」にしても、
そんな陳腐な表現をしているようでは、
ウェブサイト制作の面でも期待するに値しないでしょうね。
(あ、また余計な事を言ってしまいました…)


※当ブログは「人気ブログランキング」に参加しています。
(「自動車(運転技術)」,「自動車(全般)」,「資格受験」,「免許・スクール」の4カテゴリー)
ぜひ1日1クリックの応援をお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへの投票
(クリックしていただくと、当ブログにポイントが入り、ランキングページが開きます。)



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 右に寄せるから中央が分かる | トップ | 狭路の左折入りと右折入り »
最近の画像もっと見る

あわせて読む