詩人PIKKIのひとこと日記&詩

すっかりブログを放任中だった。
詩と辛らつ日記を・・

真性の売国奴ぞろいの安倍政権!

2017年04月26日 | 犯罪

   森友学園問題は、年単位でみれば、すでに誰が責任を取って果てるのか、という段階に入っている。マスメディアは、勝手に「ブームは去った」扱いにしてはならないのであり、法違反を犯して資料隠しをする安倍政権を何度でも詰めないといけないのである


   「震災、東北でよかった」の大臣を、記者への暴言のときに「記者の方がおかしいんじゃないか」とかばった変な輩もいたが、大臣もかばった者も同じ、差別意識の塊だったということだ。「基地、沖縄でよかった」「原発再稼動、日本海側でよかった」全部同じ。安倍政権と差別意識の塊は、皆すぐ退場しろ。

       【売国奴】麻生財務相が米ニューヨークで消費税10%の引き上げを約束か!?「上げやすい景気状況になってきたのは確かだ」 – ゆるねと 種子法廃止や水道民営化や、TPPの復活に燃えている安倍政権自体が真性売国集団だ…

 

     「大震災が東北で良かった」で大臣は辞職するが 「米軍新基地が沖縄・辺野古・高江で良かった/自衛隊基地が南西諸島で良かった」等々の「良かった論」は、いまだ健在だし、まさに今日辺野古で暴威を振るっている 今村「良かった」の根元をこそ断て

   今の政権はきっと、沖縄で米軍による深刻な事故などがあったとしても、「沖縄で良かった」と口に出さずとも思うんだろうな。『土人発言は人権問題だと考えることではない/差別とは断定できない』という鶴保庸介という人物が担当大臣なのだから。

 

   職場でも、電車の中では高校生のカップルまでもが「北朝鮮のミサイル怖いよね」と大変だ。何も知らない国民たちを、こうやって怖がらせているのは、他でもない米国と日本政府とその意向を斟酌するメディア。国民が「ミサイル」ばかりに目を奪われて、国会に無関心になればなるほど、「作戦」は成功だ。

   共謀罪の強行を急ぐ公明党。極右公明はなぜそんなに共謀罪法(政権批判弾圧法案)の成立を急ぐのか。日本の監視国家化を公明は何故急ぐ?恥ずかしくないか。ファシズムに手を貸し続けて、創価学会の理念はどこに行った。公明の深刻な変節を池田氏は容認しているのか。

 

    俺は宜野湾市民であり、普天間基地の一日も早い返還を求めているが、辺野古の埋め立てには断固反対だ。 そもそも、あれは「移設」ではない。新たな軍港を備えた立派な新基地になる。 沖縄の基地機能は大きく強化され、今後100年以上米軍基地が固定化される。これは絶対に「負担軽減」ではない。

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京地検特捜部の本質は、C... | トップ | 「トカゲの尻尾切り」「籠池... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL