詩人PIKKIのひとこと日記&詩

すっかりブログを放任中だった。
詩と辛らつ日記を・・

書評 : 本の力、読書会の魅力 これから読む予定・・フンボルトって、「フンボルト海流」の人?

2017年02月15日 | ツイッター

書評 : 本の力、読書会の魅力に溢れた『プリズン・ブック・クラブ』ー http://www.labornetjp.org/news/2017/0215hon  @lnjnowさんから

 

2015年に発売され欧米の読書界のみならず、科学界からも熱い賞賛を浴びた『フンボルトの冒険─自然という〈生命の網〉の発明』。エコロジーの始祖としてその業績を位置づけ、博物学者にして冒険家であったアレキサンダー・フンボルトを時代を超えたヴィジョナリーとして定義した本書を、2017年に読む意義は、実は別のところにある。ポストトゥルース化が進む「混沌の時代」の生き方を、フンボルトに学ぶ。

 

第1回  フンボルト、 反動の時代のネットワーカーとしての
アンドレア・ウルフ『フンボルトの冒険─自然という〈生命の網〉の発明』ーhttp://wired.jp/series/wired-book-review/01_humboldt/?utm_content=buffera4743&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer

ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「標的の島」の理解のた... | トップ | 安倍とその妻の国有財産略奪... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL