Piki-blog

~いろいろなものに興味がありすぎて困っている音楽家が日々の出来事や想いを綴っています~

“やっと常念岳”を振り返って①

2017-05-06 09:30:00 | 旅行・山行
<20170506>いつでも登れると言う思いからなかなか登る機会がなかった常念岳(標高2,857m)…いよいよ登ろうと、5月3日の日付になるのを待ってDemioで“国営アルプスあづみの公園”に向かいました。安曇野インターを下り、常念岳が目に入った途端、ようやく登れるかと胸が高まりました。
          
あづみの公園には6時に着きそこに駐車…そこから一ノ沢登山口まではタクシーで移動し、7時半にスタートしました。今回は“のんびり歩こう会”会長のペースで登るため時間は気にせずそれこそのんびりと…とは言え私の方は時間が気になる性分のため途中の笠原で現在地とタイムを確認しました。ここからがいよいよ本番…気合いを入れ直しました。
          
雪深い急登はそこそこキツかったもののアイゼンなしで何とか宿とする常念小屋に到着…小屋の奥に聳える槍穂は最高でした!
          
小屋の入り口はまるで雪洞のよう…
          
北アルプスはまだ冬なのだと再認識しました。翌日の常念岳登頂を目指し、早めに休んだ第1日目でした。※参考=あづみの公園から一ノ沢登山口までのタクシー代は4,500円、常念小屋は素泊まりで6,800円。
【検索用:“やっと常念岳”を振り返って①】
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “やっと常念岳”第3日目 | トップ | “やっと常念岳”を振り返って② »
最近の画像もっと見る

あわせて読む