野菜と果物とミスチルとうさぎ好き♪

大好きな野菜と果物を食べて、ペットのうさぎに癒され、何事もポジティブに暮らすミスチル好きのpikaの日々の紹介です。

野菜の基本料理コース

2008年03月31日 | 料理
桜が開花してから、ちょっと寒い日が続いておりますね。

前回紹介した途中下車して中目黒の桜を楽しんで来た日は、V&Fクッキングサロン野菜の基本料理コースの日でした。
秋冬コースの半年がこの日で最終日でした。
今回はお野菜というよりお魚をさばく事にワクワクして向かいました
我が家のさん、(改めて説明しますと、主人は寅年生まれなのでここではを使って表現させてもらっています)
お魚、苦手です
特にさんま、さば、あじ、いわし、など魚好きにはたまらないお魚が食べられません。
魚を焼いた臭いだけで、鼻をふさぎ逃げてしまいます
なので、我が家でお魚をさばくような料理の出番はありません。
私はお魚大好きですが・・・・
余談ですが、最近は行きませんがさん釣り好きで私より魚に詳しいです
私が自分でお魚をさばいたのは、ざっと数えて20年前位の一度だけ私にさばかれたのは「いわし」です。
その時は、目が合うのが辛かったのとお腹に包丁を差し込むのがどうも苦手だったように記憶しています

この日のテーマ食材はタマネギ。
私の心の中のテーマは鯵でした
この日は、残念な事に欠席の方が多く4人だけだったので一人2尾づつ、
包丁と手開きの2パターンの方法で鯵を3枚におろすのを教わりました。


私が包丁を使って3枚におろした完成品は、こちらです


S先生のわかりやすいご指導のもと無事に出来上がり、うれしかったので写真に収めました
私、魚さばけるじゃん~と、ちょっと感動しましたよ

この鯵は、「マリネサラダ」になりました。
人数が少なかったのでてんこ盛りです
タマネギをたっぷり使った「オニオングラタンスープ」
このスープに使ったチーズは「グリュイエールチーズ」
初めて口にしたチーズです
そして、「新タマネギとトマトのブルスケッタ」
この日は新タマネギも欠席で、普通(?)のタマネギで作りました。
新タマネギではないタマネギを生で食べた量が多かったのでお口の中が、ちょっと辛かったような~でも全部食べちゃいましたよ。




そして、行動派?の私・・・・・
忘れてはならないと、鯵を2尾買い真剣にさばく事40分(骨抜きに時間がかかりました)

大葉と小ネギと生姜醤油で一人ご飯を食べました
2尾買ったので、また包丁と手開きとを復習しました。
どうやら手開きの方が上手くできたような気がします。
今までは、一人分なので出来上がりを買って食べたり外食でなるべくお魚メニューを食べたりしていましたが、これからは自分でおろして食べようと思います。
丁寧に教えてくださり、S先生ありがとうございます!
6ヶ月間、基本コースでお世話になりました

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2008年03月27日 | Weblog
みなさんのご近所の桜も満開ですか?
ニュースで東京都では満開というのを耳にしました。
そんな日に、東横線に乗り渋谷に向かいました・・・・
東横線は、線路沿いの花々が楽しめる路線のような気が幼い頃からの記憶にあります。
3歳から小学校高学年まで東横線沿いの「元住吉」に住んでいました。
一見都会のように感じるでしょうが、あの当時の元住吉近辺は駅から少し歩くと田んぼがたくさんあり、カエルの合唱を聴きながら自然に囲まれた中で育ちました。

東横線沿いで桜と言えば一番目を惹かれるのが「中目黒」の目黒川沿いの桜並木です。
満開の日、しかもデジカメを持っている私。
途中下車をして一人でお花見です
川沿いは、たくさんの人たちが歩きながらお花見を楽しんでいました。
中目黒なので、素敵な女性や男性も多く、お花を見ながらも私の目はそんな素敵な人たちにも目がいっていました

いろいろな角度から写した何枚かを紹介します。
きれいな桜並木の下を歩きちょっぴり疲れぎみの心が癒されました











コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

きっくのための愛用品

2008年03月25日 | うさぎ
スナッフルという持病もちのきっく。
くしゃみをするたびに鼻水が出て今の時期の人間の花粉症のようです。
遺伝のようですがほんとうの原因はいまだに特定出来ず、CTを撮る、鼻に入れる人間の胃カメラのようなもので中を見る、造影剤を使っての検査、この3つのどれかにチャレンジしてみようか?という話しが出ている状態です。
お世話になっているS院長先生は、何をするにもすべて飼い主に相談してくれます。
長年のお付き合いなので、こちらも遠慮せずにわからない事もズバズバと聞け、
治療費についても事前に聞けます。
細菌培養の検査はしてもらい、増殖する菌は頻繁にでている鼻水の中にはいませんでした。
その為、少し安心している私です。
今後の検査については、保留中です。
時々通いながら、涙管を洗浄してもらっています。

鼻水で濡れた鼻の穴周辺をそのままにしておくと、ガビガビになってしまうのと、
皮膚がちょっと赤く炎症を起こします。
なるべくマメに拭き取るようにしています。
これまで、「鼻セレブ」のやわらかいテッシュで拭いていたのですが先日の愛犬の講演会でワンちゃんの目ヤニを拭き取るときにはお化粧の時に使うコットンを使用してくださいとドックトレナーの池田先生がおっしゃっていたので、コットンに変更しました。
毛はありますが人間より皮膚が薄いため、何度も何度も拭く今の状態のきっくには朗報でした。


きれいに拭き取ったあとは、やっぱり気持ちが良いのと、最近気温が上がってきて
季節の変化を感じているようでケージから出てきてものんびりと休憩をしています。
鼻水が激しい時には、こうやって寝転がる事すら出来ない様子です。
この姿を見ると安心できます。

このそばで私も横になっているうちに本気で寝てしまうと、きっくに手をペロペロと舐められ、頭をバシバシと前脚でパンチされたりして起こされます
言葉を話さない小さな生き物も立派に何かを考えて、生きているからこその行動だと感じます

きっく、写真で見ると大きく見えるかもしれませんが体重は1.55㎏です。
病院に行くたびに1.55なので「今日もゴーゴー!」と看護士さんとつぶやく私。
小さいから抱きかかえるのがとってもラクです。
今まで病院では私の胸にしがみついていたきっくでしたが、最近は若い看護士さんの胸にしがみつくようになりました、絶対これも何かを感じてますよね



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

侘助

2008年03月24日 | 食べ物


我が家がお世話になっているペット霊園の近くにあるとっても落ち着いた雰囲気のお店その名は「侘助」
「わびすけ」と読みます。
ペット霊園の周りは、野菜畑やお花を栽培しているビニールハウスなどがあり道路沿いでは直売のコーナーの大きな台があります。
残念ながら、ここが賑わっている時に行った事はまだ一度もありません。
そんなところにある「侘助」
手打ちそばでは有名店のようです(本に紹介されているのを見かけました)
こちらのお店で先日いただいたものは、
おそばとうどん




中に入りにくいと思っていた方、どうぞお立ち寄りください。
お薦めのお店です
今度は、お腹が健康な方と一緒に行って「侘助御膳」が食べたいと思います


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬膳料理講座

2008年03月24日 | 料理
週末には桜がぼちぼちと開花をはじめたようですね。

そんな週末に、お仕事で桜エビを使ったメニューの紹介をしました。
大好評だった1品が「ブロッコリーと桜エビの天ぷら」です。
色合いもかわいく、ブロッコリーこんなに甘いの?と驚きの声や目をまん丸にしてくれたり、男性の方はうんうんとうなずいたり、僕ブロッコリー大好きだよ!と声をかけてくれたお子様がいたり、といろんな方の美味しいお顔をたくさん見せてもらいました。
特に茎の部分が甘み強いです。
ぜひ、お塩で食べてください。
天ぷらを作るときには、ぜひブロッコリーを加えてください。
旬の時期が終わりに近づいていますが、こだわりがなければ産地いろいろで年間を通して手に入りますよね。

前置きが長くなりました

ここからが本題です
今年、まず薬膳の勉強をしてみようと資料を取り寄せました。
はじめて、見る言葉ばかり・・・・・
私のこの頭ではかなり厳しいかもしれない、と届いた日にパラパラと見ただけでまだ本格的に勉強をしていません
身近な家族の体調が良くないので家庭で活かせそうなのと40代の半ばにさしかかる自分の美容(?)と健康の為にちょっと頑張ってみます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

げんじろうくん

2008年03月19日 | うさぎ
先月お月様に帰ったうさ友さんのおうちの私が大好きだったげんじろうくん。
げんじろくんの成長の日々を紹介したくて、飼い主さんに強制的に写真をいただきました(ありがとうございます)
私の心に一番残っているのが、垂れ耳うさぎロップが最初は立派に耳が立っていたという事。
ロップのうさぎさんはげんじろうくんのように耳が長く伸びて重くなってきてから垂れる子や最初はヘリコプターのプロペラのように地面に平行になったまま伸びて重みがでて垂れる子や最初から垂れている子など個体差があるようです。
そんな中で、げんじろくんはとっても印象深い成長ぶりを見せてくれたので、私は一揆に心を奪われてしまいました
そんなげんじろうくんの8年間を少しだけの写真ですが、こちらで紹介させてもらいます。






立派にお耳が伸びて・・・・・


片方だけ垂れた時ですね~

両方垂れた時には、顔の感じも変わり、毛の色も変わってきましたよね。








美味しいお顔だね


げんじろくんは、お友達うさぎさんたちとみんなでお散歩にも行った事があるんだよね~。
リードが渋いよ


うさぎには見えません・・・・みごとに固まって熟睡中。
「焼きおにぎり」と飼い主さんのメッセージがついてきましたよ


ロップは寝姿が大胆なんですよね~?
こんな姿で眠れるのは安心しきっている証拠
げんじろうくんのこの寝姿は前脚後脚にお行儀の良さを感じます


この最後の写真は、食いしん坊げんじろうくんの「おいしい」お顔。
「おいしいよ!」って言っているのが伝わるのは、多分うさぎを飼った事のある人にだけかな?

げんろうくんの飼い主さん、お言葉に甘えて送っていただいた写真以外にもピックアップして使わせていただきました。

ご協力ありがとうございました

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

愛犬のための野菜たっぷり手作りごはん

2008年03月19日 | 料理
V&Fクッキングサロン、秋冬旬のクラスでお世話になったO先生とカリスマドックトレナー池田先生による「愛犬のための野菜たっぷり手作りごはん」
の講演会に参加してきました。
犬を飼っていない私が何故???ご想像におまかせします。

この食材を使ってワンちゃんの為のご飯をO先生が参加者の前で作ってくれました。




出来上がりの一部ですが、こんな感じです


O先生の高齢の愛犬の体験談から、池田先生による動物の食事の大切さや動物病院についてやペットフードの実態などの貴重なお話が盛りだくさん。
でも、ほとんどが池田先生への質問攻めでした。
参加者のほとんどがO先生のお知り合いの方たちだったようで、都会に住み犬と暮らすセレブな奥様達の輪の隅で必死にメモを取る私でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野菜がたくさん

2008年03月19日 | 食べ物
こちらが、先週届いた熊谷の農園からのお楽しみパック。
春を感じる写真左下のふきのとうやつくしが入っていました。
そして、私にとっての今月のヒットはトマトの芽。
トマトの若い芽(ほとんど葉の部分)
天ぷらにして食べる事がおすすめだそうで、ふきのとうもつくしもあるのでこの日は天ぷらにして一人で楽しみました。
トマトの芽は、青臭くもなくものすごく食べやすかったので、ぜひまた食べたい!と心の中で叫びました。
ふきのとうのほろ苦さが好きなの私。
天ぷらにしたのにお味噌をつけて食べました。
やっぱりふきのとうは味噌かな~ってイメージで。
つくしの天ぷらは塩でいただきました。
つくし、甘くてビックリでした。



こちらは、昨日届いたOisixのお楽しみ野菜セット。


十二指腸潰瘍のさん・・・薬が効き調子良さそうだったのですが土曜日の夜から不調(不腸という字が当てはまる状態)でトイレのお世話になりっぱなしそして病院にも月曜日と今日とお世話になりました
ピロリ菌の情報をくださった方々どうもありがとうございます。
さん、ピロリ菌がいました。
現在は、違う菌に腸がやれれているかもしれない状態のようです
菌といえば・・・と得意の脱線ですが、
月曜日は、私ときっくは動物病院
きっくの鼻汁も細菌培養の検査をしてもらっていて、結果が出まして、こちらは菌はマイナスだったのです。
まだまだ鼻汁は治まっていないので今後の検査方法などをS院長先生と相談してきました。
原因を追究しなければ、治療はすすまないので。

話を戻し、まさかこんな状態になるとは思わずお野菜たっぷりかかえております
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お墓参り

2008年03月11日 | うさぎ


今日、3月11日はうさぎ種類はホーランドロップの名前は「くま」男の子の命日です
くまちゃんは、私と出会った時すでに寝たきり状態。
後ろ足が不自由なうさぎさんでした。
まっ茶色のうさぎさん。
くまちゃんとの付き合いは、2年くらいだったのかな~?
完全に我が家に引き取ってからは、たったの3ヶ月だけのお付き合い。
引き取ってきた事がストレスにつながったのではないだろうか?等と心残りもあるのですがあの時は、一時でもそばを離れたくなかった。
最期の時も、病院で容態が悪く「今日はこのまま帰すわけにはいかない」と言われそしたら、私も帰れない離れるわけにはいかないと思い・・・・
「私もこのまま病院にいさせてください」と言った私を即座に受け入れてくれたS院長先生。
結局、翌朝くまちゃんがお月様へ帰るのを見送るまで動物病院に泊まらせてもらった。
あれから2回目の命日。
ペット霊園のお墓にお参りに行きました。
ここは、私が一番最初に飼ったうさぎ雑種の「ぴょん」も埋葬したところです。
たくさんの人に愛されたくまちゃん、イチゴが大好きだったくまちゃん、みんなの気持ちも込めてお墓参りしてきました。

このペット霊園には、のんびり暮らす人懐っこい猫がたくさんいて私達を迎えてくれます。
2匹が仲良く寝ていましたが・・・私に気づき起きてしまい、その後2匹仲良く毛づくろいに夢中でした





今日のおまけです
今、本屋さんに並んでいる「うさぎがピョンvol.6」に私がずっーとお世話になっている動物病院が紹介されています。
この本の取材の日にきっくを連れて来れない?とお誘いをいただきましたが都合が悪くお断りしました。
本を開いて・・・・アッ、連れて行かなくて良かったよ、と正直ホッとしました

S院長先生に興味ある方、どうぞご覧ください。



コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

2008年03月10日 | Weblog


去年買った本ですが、「料理のきほん」の本を買ったのは、基本コースのレッスンをうけているのと合わせながら、自分なりに日々勉強の為。
「基本は大切」と自分の心に訴えながら、勉強中。
これが、かなり仕事に活かせる事が判明しており、私の強い味方
食の世界で仕事をする事になってから仕事をしながら勉強の日々
一緒にお仕事している相方さんは、とても褒め上手で一応料理の事を色々知っているこんな私に「ずっと前から料理が好きだったのなら、その頃からこの道で勉強してくれば今はものすごい人になっていたはずよ」と言ってくれました・・・・。
そうなのかもしれない・・・・でも今は、後悔せずに前に進むだけ。
今まで色々な経験をしてきたからこそ今この道の目覚めたのかもしれないので、とにかく今はやれる事をやってみるだけ。
頑張ります

もう一冊の「からだのことを考えた・・・・」は、時々開く本。
我が家の旦那さん、人生二度目の十二指腸潰瘍の診断を受けました。
日頃からキャベツなど胃腸に良さそうな食事を心がけてはおりますが、ご存知の方も多いでしょうがさんタバコ、コーヒー、豚カツなどのこってりしたもの、ラーメン、そして甘いお菓子好き、動くの嫌いで運動不足・・・・
夜はいくら遅く帰宅しても(たとえば23時過ぎても)必ず家で夕飯を食べます。
もちろんそんな日は、軽く食べられる物にしますが、それでも食後にちょっとお菓子を食べていたり
私がこんな顔して何時だと思ってるのと叫んでも、子供じゃないからいう事効くわけがない。
これが、ストレスになっているのかもしれず・・・・
十二指腸潰瘍
薬の効果で現在は、食欲も戻り、回復に向かっております(心配いりません)
大人なので先生もあれやこれやと細かくは注意をしてくれなかったようですが、「ラーメンは控えてください!」と言われたのがチョッとショックだったようです

本の話にもどりこの本には、体の症状に合わせて積極的に食べるといい食材などが紹介されています。
この本は、一家に一冊あると良いかもしれませんよ。

追加ですが・・・・
最近の胃カメラ検査は、鎮静剤という事で注射で麻酔をかけてやる方法があるようで今回さんはこの方法で検査を受けました。
数年前、急性気管支炎で救急車で運ばれ入院した事のある病院。
この病院での検査ですが、当日は運転は控えるようにと注意がありました。
入院中に通った私は駅からの道程を知っていますが、さんは自分の運転での退院後の通院にしか行っていない為、一人じゃ行けそうになく付き添いました。
検査はすぐに終わりましたが、注意書に書かれていた、健忘や検査後のたちくらみ、眠気・・・が起きていたようです。
健忘・・・検査中の事は何も覚えていないそうです。
声をかけられて起きたら終わっていたと・・・言っているのですがその言葉の、ろれつが回っていませんでした
苦しくなく検査を受けられたので、楽だったようです。
「オエ~ッ」となるのもわからず・・・・。
ちょっと笑えたんだけど、少し歩いてみたらふらふら~。
ちょっと休んでから帰ろうと座らせたら、グーグーと寝てしまう
話しかけてみると目をあけ何かを答えるのですが、口が回っていませんでした
きっくの歯科処置の麻酔の時みたいかな?と聞いたら「そうそうそんな感じ」と答えていたけどあなたは、うさぎか????
病院で意識がはっきりするまで休み、さんの数年前の入院中に私が発見した裏道の小さな川沿いを老夫婦のようにのんびりと駅まで歩きました。
駅に着いた時には、しっかりと元の状態に戻りこの検査の日には結果は聞けなかったのに、ドーナツが食べたいと自分の分を3個も買っていました
また、二週間後に今度はピロリ菌の結果を聞きに行くそうです。
ピロリ菌検査も方法がいろいろあるようで、今回は血液検査から調べる事になりましたよ。
ピロリ菌検査した事ある方いらっしゃいますか?

私は、きっくの病院とさんの病院の付き添いで平日が終わっている気がする、人間の病院も混んでいて時間がかかりますわ








コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加