なんかカールしてる

良いことあったら、ちょっとおしえましょう。

お正月あれこれ

2017-01-04 20:51:06 | 日記
お正月あれこれ。 

  夫の弟くんの息子は小学五年生。スポーツ万能だけれど友達との遊びで熱中しているのはベイブレード。大好きなおっちゃん(夫)を相手にプレイするのだけれど、おっちゃんは今ひとつなのだなぁ。太川さんと蛭子さんが卒業する今回のバス旅の方に興味がいっちゃって、ベイブレードはおろそかに。結局途中で番組をかえられて、おっちゃんはショボン……。

 お年玉袋がなくて伊勢千代紙で作った

  オカーサン、三十年前のことを思い出し激怒。三日の朝、オカーサンとわたしたち夫婦が朝ご飯を食べ終えたときのこと。わたしが立ち上がったときに膝がカクッといったので「太り過ぎなんだよね。」と言ったら、オカーサンが瞬間湯沸かし器みたいにワッと怒りをこめて喋りだしました。息子である夫が三十年前、オカーサンに太ってるとか言ってたことを思い出したらしいのです。それがわたしとどう繋がるのかな、というと当時スマートだった嫁(つまりわたし)もそのうち太るのに、母親にそんなこと言って数十年後を覚えておけよ、とずーっと思っていたらしいです。「それみたことか」ということが言いたかったのかな。なんか膝がカクッといっただけなのに、えらいパワーで叱られて怖かった。わたしにとってはすごく不条理な話だわ…。

 グルグルまわる眼鏡橋を渡るともうすぐ大阪のオウチ

  夫の実家は大阪市の、もう少し行くと工場が多い下町。付近を歩くと猫ちゃんを多く見かけます。昔住んでいたときはこんなに見かけなかったよ。初詣の30分ほどのぶらぶら歩きや、近所のスーパーに行くだけでも3~4匹に会います。ウチのまわりでは外猫はほとんど見かけることがないので、すごく珍しかった。息子と「おー、猫ちゃんが」と喜んで追いかけていました。でもみんな、目つきが鋭くて近づくと走って逃げて警戒モード100パーセントなので、都会で厳しい状況で生きている野良さんたちなのでしょう。そのうち、漁港でも島でもないのに、猫ゾーンとして有名になっちゃうんじゃないだろうか。

 息子の部屋の今年のカレンダーの表紙



大阪からの帰り道。車で上野から青山にぬけて山道をグルグルと降りてくるとき、谷に虹がかかっているのを見ました。2017年の幕開けにラッキーなもの見れた。いい年でありますように。

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつものお正月でいいのだ | トップ | 庭に出てすこしだけ元気に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。