12/12/05 十八代目中村勘三郎の訃報、早すぎるよ・・・・・・(T-T)


NHK朝ドラ「純と愛」に続く「あさイチ」の冒頭の2人の会話で初めて知った。
かねて病気療養中だった中村勘三郎が亡くなったという。一昨年12月に突発性の難聴で休養、昨年7月平成中村座の信州まつもと大歌舞伎、11月の浅草公演で復帰。今年6月に食道がんで手術、療養中に肺の疾患での闘病中だった。
食道と肺は接しているので炎症が肺にも起きたのだろう、私も喘息なので実感できるが、さぞ苦しかろうと案じていたところだった。
2005年に十八代目勘三郎襲名披露興行から本格的に歌舞伎を観ることにした私だが、襲名して7年、それに57歳で亡くなるなんて早すぎる・・・・・・。私と4歳しか違わないよ。
朝から涙で困った。
冒頭の写真は2006年4月「コクーン歌舞伎四谷怪談南番」を平日に観た後で楽屋口で出待ちをしていて一緒にツーショットをお願いした時の写真。携帯しか持っていなかったので小さいが、こんなことで使うことになるなんて、哀しすぎる(T-T)

力が抜けてしまい、午前中のお仕事休みます・・・・・・。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 2 )


« 12/12/01 久し... 12/12/07 夕方... »


 
コメント
 
 
 
ショックが大きいですね・・・。 (かつらぎ)
2012-12-05 17:36:07
ご無沙汰しています。こういうことでコメントすることをお許しください。私も今朝母からきいて、ショックで寝込んでしまいました。ブログを読んでいただければわかりますが、初めての歌舞伎体験は勘三郎さんだったのです。いろいろなチャレンジをされて歌舞伎の可能性を大きく広げた方だけに、若すぎる死が惜しまれますね。

ちょっと、大きな穴がぽっかり開いてしまっています。これからの歌舞伎がどうなっていくんだろう・・・と心配に思えてなりません。

ぴかちゅうさんもどうぞご自愛くださいね。どうぞしっかりとなさって元気を取り戻されますように。
 
 
 
名優が逝く (通りすがり)
2012-12-06 00:12:02

ついこの前、森光子さんが亡くなったかと思ってたら、今度は中村勘三郎さんが逝ってしまうとは!
勘三郎さんには元気なイメージしかないので信じられません。
まだまだこれからだと思う人なので残念でなりません。
ぴかちゅうさんも力落とさずに勘三郎さんの分まで一生懸命生きてください。
 
 
 
私もショックです… (花梨)
2012-12-06 00:12:56
こんばんは。ご無沙汰してます。
朝起きて、テレビを付けたら、いきなりのニュース。
暫く信じられなくて、茫然としてました。

ぴかちゅうさん、大丈夫ですか?
心も体も労わってくださいね。

本当に本当に早すぎますし、残念で仕方ありません。
実は私も初・歌舞伎は、勘三郎さん(当時は勘九郎)でした。
息子さん達の事を思うと、また涙が…。
 
 
 
言葉がありません (あいらぶけろちゃん)
2012-12-06 01:39:56
「あぁ、やはり」と「でもまだ信じられない、認めたくない」が夜中になっても混在してます・・・

私の初歌舞伎も 澤村藤十郎お光と勘三郎お染の「野崎村」だったんですよねぇ・・・
 
 
 
Unknown (hitomi)
2012-12-06 12:20:52
昨夜はテレビで南座の勘九郎の口上を見て、皆さんもぴかちゅうさんも又泣けたのではありませんか。玉三郎が松竹座の襲名披露公演に出るとき、命を懸けても応援するようなことをおしゃってっていましたが本当にお悪かったのですね、私も昨年末15時間ぐらいの消化器の手術受けて生きている不思議感じますが食道がんでそんな長時間では‥
おととい、三重県美術館でくしくも平櫛田中の鏡獅子試作や金箔や裸形の六代目観てなんとなく勘三郎丈が似ているなと思ったところでした。お孫さんですから当然でしょう。勘九郎さんの口上見てもお父様そっくりで(泣)
名古屋城公演や同朋高校公演も完売で見逃し残念至極です。
 
 
 
皆様TB、コメント有難うm(_ _)m (ぴかちゅう)
2012-12-08 00:14:11
皆様お見舞いコメントも有難うございますm(_ _)mおかげさまでなんとか立ち直って仕事にも行ってます。
★かつらぎ様
>いろいろなチャレンジをされて歌舞伎の可能性を大きく広げた方.....同感です。歌舞伎の芸術性とエンターテインメント性の両方を大事にする先代猿之助丈と勘九郎時代に意気投合していた対談を読み、このお二人の歌舞伎界に果たした役割の大きさを痛感していました。しかしながら、当代猿之助丈をはじめ続く人たちがいることを信じています。
★通りすがり様
名優たちも人間、いつかは去っていくのだとずいぶん前に思い知りました。でもやっぱり勘三郎丈は早すぎますよね。私も喘息があり、長生きする自信はないのですが、それでももう少し頑張っていきたいと思っています。
★花梨さま
>息子さん達の事を思うと、また涙が…。
ご本人も若くしてお父様を亡くされて苦労されたのに、今度はその息子さんたちがと思うと切ないです。
でも年の近い兄弟二人です。きっと支え合って中村屋をしょっていってくれると信じています。
★あいらぶけろちゃん様
>新しい歌舞伎座に勘三郎さんの姿がないなんて、考えもしなかったのに…玲小姐さんともそういう話を電話でしていました。
さよなら公演の千穐楽夜の部の「助六」の通人で「新しい歌舞伎座ができるまで、さよなら~っ」って花道に消えて行った勘三郎丈。まさか御自分までさようならしてしまうなんて、誰が予想したでしょうか。
★「猫と薔薇、演劇、旅ファン」のhitomiさま
追悼の報道を観るたびに涙腺がゆるんでしまってダメです。今日のフジテレビの特番は録画はしているのですが、「大奥」の方を観て録画の方はもう少し先になってからでないと無理かもと思ってます。
母方の祖父である六代目菊五郎を尊敬していた勘三郎丈ですが、ある時、六段目の勘平のスチール写真を見て勘違いしたくらい似ていますよ。
でも3時間くらいしか寝ないところまで真似しないで欲しかったです。やっぱり睡眠不足と酒の痛飲が命を縮めてしまったのではないかと残念でなりません。
 
 
 
勘三郎さん (スキップ)
2012-12-09 03:36:17
ぴかちゅうさま
ほんとうに、悪い夢だったらどんなにいいだろうと思います。
勘三郎さんが舞台に戻っていらっしゃらないなんて、信じられないし信じたくない気持でいっぱいです。
ぴかちゅうさんと同じく、私も何を読んでも泣けてきますし、フジTVの追悼番組は見るのが辛くてまだ見ていません。

私も初歌舞伎は勘三郎さん(勘九郎さん時代)で、いつもワクワクさせてくださる勘三郎さんが大好きでした。
ぴかちゅうさん、何かの舞台を観にいらした時もに客席で勘三郎さんに遭遇して握手していただいたりしていらっしゃいましたよね。
そんな思い出があるならつのる思いもなおさらだと思います。
新しい歌舞伎座は楽しみでもあり、寂しさの象徴にもなってしまいそうですね。
 
 
 
・・・・(涙) (かずりん)
2012-12-11 11:29:08
『佐倉義民傳』の録画を何度も観てしまってます・・・。
本当にショックですよね・・・。
信じられません・・・。
夜中に目が覚めて・・・「もう見れないんだ。」と
思うと悲しくなります・・・。
本葬は築地本願寺とのこと・・。
あの日にはそんなこと思いもしませんでしたよね。
・・・って、昨晩Sさんからメールいただきました(涙)。
 
 
 
皆様、コメント有難うm(_ _)m (ぴかちゅう)
2012-12-12 02:36:18
★「地獄ごくらくdiary」のスキップ様
私はTVの時代劇で、勘九郎当時に若侍姿で出ていた姿に魅了されました。その後、日生劇場での「アルトハイデルベルヒ」はどうしようかと思ったけれど見送り、テレビのオンエアで観て、ちょっと公子は似合わないなぁと思ってしまいました。大竹しのぶさんのケイトは可愛かったんですけどね(^^ゞそれ以来の親友のしのぶさんが奥様の好江さんとご一緒に最後の看取りの場にいらしたというのを聞いたら泣けました。
勘三郎襲名披露興行で歌舞伎を本格的に観ることにし、コクーン歌舞伎、平成中村座と次々と観ていくことになったのは勘三郎さんがやることを見届けたい一心でした。そのコクーン歌舞伎の「四谷怪談 南番」の楽屋出口で撮っていただいたツーショットが私の宝物になりました。
これを書いていたら、また目頭が熱くなってきてしまいました。
中村屋の兄弟二人がしっかりと支え合っていくと信じています。成駒屋の兄弟二人や三津五郎さんも組んで、しっかりとした座組みで公演ができるようになっていくといいなぁと思い描いているところです。
★かずりん様
次にまつもとで「佐倉義民傳」の公演があったら、玲小姐さんと一緒に遠征をしようと話し合っていました。それも幻になってしまったんですねぇ。
蜷川さんも「たいこどんどん」で勘三郎さんと組むはずが先に逝かれてしまって本当に残念がっていますが、私もこの二人の芝居が本当に観たかったです。新しい歌舞伎座での芝居も踊りも観たかった観たかった・・・・・・。歌舞伎ファンはみんなそう思ってますよね。ああ、また泣けてしまう(T-T)
あの築地本願寺で本葬ですか、テレビで観てもきっと泣いてしまうでしょう。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
追悼勘三郎丈と連獅子動画 (猫と薔薇、演劇、旅ファン)
追悼十八代目中村勘三郎「連獅子」1 ああ、ついにこの連獅子も生では永遠に 観られなくなってしまいました。   今朝の朝日一面も勘三郎関係、京都南座の勘九郎襲名公演の写真入記事です。 昨夜ニュースステーションで一部見ましたがご覧になればどな...
 
 
 
勘三郎丈訃報と平櫛田中展 (猫と薔薇、演劇、旅ファン)
  三重県美術館の平櫛田中展 に行ってきました。 デジカメ忘れ携帯ボケボケ撮影です。 ちょっと遠いのでいつもは連れ合いが連れて行ってくれていましたが先日の土曜日は道が混んでいるようでしたし、近場の名都美術館に行ってきました。   ...