ぴーこママの食物アレルギー日記

食物アレルギー奮闘記! -IgE3800超えの強敵との戦い―

苺グミで負荷試験ってどうなの?

2016-11-19 23:36:55 | 日記

お久しぶりです。

さっそく本題。苺でアナフラキシーを起こしたぴーこ、でも苺食べれるようにしてあげたい。

でも、一年中は入手困難なので経口耐性療法には苺は不向き。

そこでママが注目したのは明治の果汁100%グミ。これで代替できないの?

で先生に相談してみました。

前例がないので明言はできないと前置き。グミには果肉が含まれていないこと、及び濃縮還元果汁は火が通されていること、

加えて、一粒一粒に果汁の量にばらつきがある可能性があることから苺アレルギーをひきおこす成分がかなり減っていると思われます。

グミが食べられるからといって苺が食べられるとはいえない。

ただ全く無意味ということもないでしょう。わずかでも耐性がが得られるなら死の危険が減るので試す価値はある、とのことでした。

さらにぴーこは苺でアナフラキシーを起こしているので、念のため負荷試験は病院ですることになりました。

なんだか人体実験みたい。アレルギーと無縁の人からはびっくりするような少量を3時間くらいかけて食べるんですよ。

不謹慎なこと言っていますが、実際食べさせる段になれば医師もママも慎重に慎重になるわけです。

今回は点滴すぐに打てるように腕に何やら器具を取り付けての負荷試験になると思われます。がんばるぞ、ぴーこ!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーモンドフィッシュがおい... | トップ | ピーナッツクリームいい感じ(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事