ぴーこママの食物アレルギー日記

食物アレルギー奮闘記! -IgE3800超えの強敵との戦い―

時々寝れなくなる。不眠症

2016-09-18 12:52:24 | 日記

ぴーこが離乳する頃、私は不眠症で、鬱になりかけていました。不眠症辛かったな...。

今は治ったけど、不眠症になってからものすごく寝ることが難しくなりました。

すごく疲れたときなぜか寝れません。体温調節が上手くできないときも寝れません。明日イベントがある日も寝れません。

先週風邪をひいて、熱があるのに気付かず仕事をし家に帰って家事をしたら私の体のいろんなメーターが振り切ってしまったらしく、

不眠状態が三日ほど続きました。

そこで不眠について書くことにしました。

不眠症の最初は眩暈から始まって、眩暈が頻繁に起こるようになって、横になる。

横になるけれど、寝れない。寝れないと思うとますます寝れない。不眠に効くといわれたこといろいろ試しました。

クラシックをかけたりホツトミルクを飲んだり、全然効かなかった。

眩暈がするとなぜか私は下痢になるんですよね。血圧が下がっているのでしょうか。

結局心療内科で薬をもらって寝るようになりました。自分に効く薬を見つけるのも時間がかかりました。

私の場合はデジレルとレンドルミンの組み合わせ。ただ薬は依存性があるのでできるだけのみたくないのです。

結局は、寝れなくても大丈夫、ずっと寝れないなんてことはないのだからとあきらめて、夜決まった時間に暗闇の中で目を閉じるのが

解決法です。時間かかります。あと、自分のストレスのもとについても何とかなるなる、とベットの中で考えるのを止めます。

その日寝れるかどうかは大体目を閉じればわかります。

寝れないときは部屋を真っ暗にしているのに瞼を閉じてもなんだか明るい感じがするのです。

そんな時はあきらめて体だけでも休ませてあげる。

つい、こんなに頭さえてるなら何かしようかと思ってしまうのですが明日のことを考えると横になっているのがいいと思います。

不眠で困っている人は最終的には薬があるから大丈夫、と言えるように自分にあった睡眠導入剤をお医者さんに行って見つけて、

基本その薬に頼らず、寝れなくてもなんとかなるというあきらめの境地で定時に暗黒の中で横になることを続けること。

これが私の経験から得た解決法です。役に立たない?ごめんなさい。

でもパパの職場の不眠症経験者も似たようなこと言ってましたよ。結局即効性のある根本的な解決法は無いのではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アレルギー対応カップケーキ | トップ | ①保存料カゼイン ②学校でス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。