ポレポレ隊が行く! 

ようこそポレポレワールドへ!
家族で歩いた山の報告です。
  ◆ポレポレとはスワヒリ語で 「ゆっくり」 の意。

しっとり鎌倉そぞろ歩き <前編>

2006-12-11 16:57:28 | ●散策しましょ

 

      歩いた日 2006年12月10日( 日)

いい国つくろう 鎌倉幕府! 

・・・・弱足隊員が高校時代、3年間通った町、鎌倉に行ってきました。

鎌倉のことなら何でも聞いてください。

いつでもご案内いたします。

ただし、史上最強の方向音痴の私でも良かったら。 

鎌倉は京都ほどの雅やかさはないけれど 

侘び寂び感満載の ちょっと抑えた雰囲気が大好き。

そう・・・・・京都よりは奈良に近い感じでしょうかね。

今回は 八幡様の大銀杏を見てから 

金沢街道、二階堂エリアを しっとり歩いてまいりました。

山じゃないポレポレ隊のポレポレ歩き さあ一緒に出発しましょ。

 

 

 

 

 

鎌倉はいつ行ってもすごい人。

あら、でも空いてるじゃん。

そう、8時前の鎌倉ならこの通り。

山も平地も早起きがお得なのでございます。

ここは若宮大路の段葛(だんかづら)。

頼朝が妻政子の安産を願って創らせたと言われる参道です。

両脇に桜の木が植えられていて 春になるとそりゃぁもう大騒ぎ、

原宿の竹下通り状態になっちゃいます。

 

 

 

 

ほんと、こんなにも人がいない鎌倉、しかも鶴岡八幡宮前ですよ!

びっくりするほど、人がいなかった。

朝のうち、ちょっと雨が降ってたせいもあるかな。

一層しっとりして いい感じです。

三の鳥居をくぐって境内に入ります。

 

 

 

源氏池と平家池を分ける太鼓橋。

今は通行禁止。

昔は渡ることができましたが、かなりの傾斜で

当時はみんなキャーキャー言いながら渡ってたっけ。

 

 

 

 

 

 

 

鎌倉はまだまだ紅葉が見られそうですね。 

 

 

 

 

今回の目的の一つ、大銀杏です。

公暁lが源実朝をこの銀杏に隠れて暗殺したと言われている有名な場所です。

まだ緑色の箇所がありました。

今年は鎌倉もやはり、紅、黄色とも遅れ気味みたい・・・・。

 

 

本宮へ。

 

 

 

 

ここは 頼朝に囚われた静御前が 愛する義経を思いながら舞った舞殿。 

 

 

 

 

 

大銀杏を反対側から見たところ。

こっちからの方が黄色がいっぱいかな。 

副隊長~! 行きますよ~!

 

 

 

 

 

しっかりお参りもしました。 

 

 

 

 

移動しまーす。 

 

 

 

 

 

 

 

次は瑞泉寺に向かって歩きます。

途中、学問の神様を祀る荏柄神社 (梅が有名) と

護良親王が幽閉された土牢がある鎌倉宮(大塔宮)がありますが

今回はスルー。 

見所いっぱいですが 時間を考えるとね・・・。

 

 

 

 

瑞泉寺は鎌倉のはずれ。

紅葉ヶ谷と呼ばれる山間にひっそりと佇むお寺。

橋の欄干の模様も紅葉です。 

 

 

 

 

滑川の支流にも落葉の模様が。 

 

 

 

 

瑞泉寺に着きました。

ポレポレ隊と同じく、早起きして得した方々が門が開くのを待ってました。

9時開門です。 

 

 

 

 

 

広いお庭を散策しながら本殿へと進みます。 

 

 

 

 

 

新緑みたいな緑色の木々たち。

ここ瑞泉寺の紅葉は微妙に色づく時期がずれていて

年明けまで楽しめるそうです。

 

 

 

 

お庭は あの夢窓国師の設計によるもの。

同じく夢窓による京都の西芳寺や天龍寺とは かなり趣が違う庭園です。

 

 

 

 

副隊長はお面とか狛犬とかこういう瓦とかが大好き。 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影ポイントがいっぱい。 

 

 

 

   

   

   

   

                 

瑞泉寺は 「花の寺」 としても有名。

四季折々のお花を一年中楽しむことができます。

この時期、もう山でお花に会うことは めったにないけれど

暖かい鎌倉では野の花もこんなにたくさん咲いてました。

 

 

       <後編> へ つづく ・・・

 

 

  

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しっとり鎌倉そぞろ歩き <... | トップ | ▲新年山行! 金時山 <後編> »
最近の画像もっと見る

あわせて読む