half moon bay

酒と釣りの友 天国の mさんヘ

海が呼んでいる 指負傷後の初海釣り

2017-06-25 10:36:50 | 
5月31日に左手親指に名誉の負傷を受け苦節三週間、傷いまだ完治せずとも海が呼んでいるのだ。

指サックで完全武装の上、雨の予想にもかかわらず出かけたのであった。

「 天気予報もあてにならんの~。9時ごろに大雨の予報じゃったがこりゃ~持つかもしれんの~」 祐ちゃん

誕生日のプレゼントでもらったと云う大吟醸の冷酒をチビチビやりながら釣果も快調に余裕の表情。

一方、僕の方は密かに大物を狙って鯛ラバ釣りに挑戦したのであるが・・・

「 これだけ船が出て生きたエビをばんばんまいちょったら疑似餌じゃあかんは 」 K船長

船長の云う通り一度もあたりなく手釣り生餌に即復帰した途端強烈なあたりが!

かなりの引き応えでしめしめと大喜びも束の間 「 あっ ああ~~ 」 逃げられてしまったのであります。

「 惜しかったの~ 糸がキュッキュッ鳴りょ~たけ~かなりの大物じゃろう~ 」 祐ちゃん

はいそうなんです。逃げた魚はいつもでかいのです。

その後、僅かなアタリにあげて見れば小指の先ほとの見たこともない魚。

「 船長 これなんじゃろか? アブラメの子かしらん? あ痛っ 大口を開けて噛みつかれた。 」 僕

「 わしら~ ち〇こかぶり ちゅ~て呼んじょるがトラハゼの子じゃろう~ 」 リリ-スと相成りました。

「 蒸れて暑つ~てやれん 」と祐ちゃん、完全防備の雨具を脱いでしまった。

お昼になってザ-と雨に降られる。僕は一旦脱いでいた雨具を慌てて再装着。

「 この雨や~ すぐ止むじゃろう~ 」 とあくまでも慌てない祐ちゃん


「 うっ わ~ なんじゃこの引きは?! 」 祐ちゃん  

あがって来たのは胴体を半分に食いちぎられた白ギス一匹。



犯人は猛者かエソか? とにかく獰猛な大型魚に違いないのでありました。

昼から納竿まで約二時間、雨は降りっぱなしで祐ちゃんはパンツの中までビショ濡れ状態。

「 よっ 水もしたたるいい男! 」



釣果 鯛24尾ほか 43匹 (3人合計)

ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お薦めのweb辞書

2017-06-11 17:20:00 | 推薦図書
歳をとってくると段々と身体のどこかが弱くなってくるものですね。

昔から男は「歯、目、M〇〇〇」の順と決まっているらしい。

僕は一番目の歯の方は全部自分のものなんだが、二番目の目の方はだいぶくたびれて来て最近では辞書の細かい字を見る気がしない。

いちいち虫メガネを通して英単語の意味を調べるようではまるではかどらない。

その点、web辞書は使いがってがよい。最初からある程度活字サイズも大きく、まだ小さいと思えば自由にフォントサイズを変更できるから便利だ。

無料で使えて、発音が分からなければワンクリックで英語、米語いずれもネイティブスピーカーの音声を聞けるのが従来の辞書とは大きく違う。

web上で検索すれば数多くの辞書がでてくるので使いがってのよい辞書を一度使ってみられることをお薦めしたい。

今、僕が使っているのは この辞書です。便利ですよ。

「ところで肝心の三番目の方はど~なっちょるんかいの~?」 外野席

ご想像にお任せいたします。


ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

H船長 祐ちゃんに対抗心むき出し

2017-06-05 17:26:40 | 
先日の祐ちゃんの大量釣りに刺激を受けたのか先週のH船長はこれまでとは違ったのであった。

報告が遅れたのはゆえあって、左手を負傷しパソコンが使えなかったからであります。

さて5月31日の絶好の釣り日和、広島から参加のH船長の友人も加わって3人で出港。

鯛玉(鯛ラバとも云う)釣りの経験の浅い友人に船長が釣り方の講習を始めた途端・・・

「 フ、フィッシュ・オ~~~ン 」久々のH船長のキャプテン・イングリッシュ炸裂。

疑似餌を投入してまだ3分も経っていない。

その時釣り上げたのが上の写真である。  体長64センチ、体重4.2キロ


その後、快調に釣果を上げ、ほぼ同サイズの大鯛をさらに2匹、大マゴチを一匹と云う結果と相成った。

海の男、H船長もやる時はやるのであった。

一方、千歳丸では過去2回、一度のあたりもなかった僕は引き続き、不調が続く。

やっと、かかった大物(引きの感触から大鯛か?)は抵抗が大きすぎてリールが巻けないでいる内に逃げられてしまう始末。

納竿間際にやっと一匹釣ったのがこのマゴチ。



H船長の友人(一度のあたりもなし)と僕は船長より大鯛を一匹づつわけてもらって我が家へのお土産ができたのである。

マゴチの刺身で飲む酒の旨いこと、うまいこと。


ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内より愛を込めて

2017-05-27 12:27:32 | 家庭菜園
あの娘が好きです。

今日は残りのグイミの収穫日。お袋と半分個づつして食べました。

前回より甘味が増して幸せな気分。

ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

photo diary ⅲ

2017-05-23 22:18:34 | 生き物たち
わがメダカ池の強敵の登場である。

現在のメダカ池のメダカの総数は親メダカ11匹、赤ちゃんメダカ、多すぎてとても勘定できないが推定約300匹。

毎年、5月の産卵シーズンに大所帯になるが屋外で飼っていると意外と外敵が多く、自然淘汰の末、冬前にはグンと数が減ってしまう。

外敵はヤゴ、カエル、鳥などだ。年数回、池の掃除で水を入れ替えるが、だいたい30~40匹のヤゴが生息している。

僕のメダカ飼育の方針は自然に任せるスタイルなのであえてヤゴを取り除くことはしていない。

だってうちの池で生まれた立派な子供たちなんだもの。



シオカラトンボ


今日はこの他にオニヤンマもやってきてホテイアオイにとまって盛んに産卵を繰り返していた。カメラを構えたらさっと逃げられ撮影失敗。


【 既出記事 】衝撃映像ビデオ ヤゴジェット



ご訪問いただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。もしよろしければお帰りの際にパコンと投票ボタンをクリックしてご投票をお願いいたします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランキング投票ボタン

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ