カメの置物を探そう

親指サイズのカメ探し

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時代もの道具市

2016年12月28日 | 

阪神百貨店で「時代もの道具市」なる骨董市をやっていたので少し覗いてみました。

ビニール袋に入った小物の中から

水色の龍亀を発見!

なんと値段は100円!

こちらのコーナーは阪神百貨店9Fの「古玩堂」さんが出品されているとのことなので

これの素性を尋ねにいきましたが、

「素性がわからないのでこの値段で出している」とのことでした。

材料も不明で調べると1000円ぐらいかかってしまうようです。

重さから石膏のようなもので作られたのではと推測してます。

 2016年をしめくくる掘り出し物でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドイツクリスマスマーケット2016

2016年12月03日 | ガラス

忘年会の帰りに新梅田シティーの

ドイツクリスマスマーケット2016に立ち寄ってみました。

空中庭園の下の広場で開催されていて、

クリスマスツリーを初め、各種イルミネーションで飾られた会場には

メリーゴーランドなんかも。

 クリスマス一色の中、こちらのお店では

 

ガラス細工の動物が一面に

カメもいろいろ

大きめのカメを1個と

小さめのカメを

ウミガメ

リクガメ

親子ガメ

目が飛び出たカタツムリ風のカメ

の4個をゲットです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再びキャンドゥ

2016年10月19日 | 樹脂

 再びキャンドゥでカメを発見!

 前回の照明延長コードの親子ガメに引き続き

 こちらのカメを発見。

 やるのおキャンドゥ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おやこガメコード

2016年09月11日 | 樹脂

 100円ショップのキャンドゥでこちらの親子ガメを発見

 天井の照明を引っ張るひもの延長コードのようです。

 なかなかのできに思わずゲットしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蚊取線香立てのカメ

2016年09月08日 | 焼物

夏休みの宿題用に子供が陶芸の蚊取線香立てを作りました。

大きなカメの横に小さなカメがついてますが

これと同じカメをついでに1つ作りました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール

2016年08月07日 | 金属

 シンガポールへ旅行へ行きました。

 隙を見てのカメ探し。

 セントーサ島とマリーナベイサンズの7日間の滞在

 まずは、市内観光。

 定番マーライオンですがなんとお風呂に入っています。

ここのみやげもの屋にはサイズオーバーのカメが登場

 次に、マリーナベイサンズの裏にある

ガーデンバイザベイ

こちらで滝を鑑賞。

出口のショップでは

金の動物の置物。しかしカメがない。。。

きらびやかなカメを発見するが、サイズオーバー。でかい。。。

さらにチャイナタウン

 

リトルインディア

 

アラブストリート

 どこもこれといったカメはなし。。

セントーサ島では

カメのオブジェがあるが

プールにもカメのオブジェがあるが

さらにUSSでは

カメの化石を登るが

さらに、動物園

しかし

これもでかい。。。

オーチャードを歩いていると、高級そうなカメを発見!

値段を聞いてみると270万円!ケタ間違ごうてない?

ジャストサイズのカメが見つからないなかで

このままシンガポール旅行も終焉かと思われたが

オーチャードの西の端のタングリンモールのギフトショップ

こちらのカメを発見!

甲羅がパカッと開いて何か入れるようです。

 1件落着

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の職人モノ展

2016年07月13日 | 

近鉄百貨店で「日本の職人モノ展」というイベントがあり立ち寄ってみると

薩摩柘植櫛喜多というところで、柘植のカメを発見。

柘植のカメは以前豊川稲荷の和雑貨の店でこちらをゲットしました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金魚と海の生き物展

2016年07月04日 | ガラス

阪神百貨店で「金魚と海の生き物展」なるものが。

期待して行ってみるとウミガメを数個程発見。

その中からこちらのガラスのカメをゲット。

網野篤子+αという出店でガラスの金魚がメインでした。

網野さんの作品は

10年ぐらい前に京都のアート展でこちらのカメをゲットしました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガラス成型

2016年06月24日 | ガラス

阪神百貨店でガラス細工のカメを発見

吉次ガラス工房展

粘土型でガラス成型して作っているとのことです。

数個で型がダメになるので同じ様なカメはほとんどできないそうです。

カメの場合は手足首等はあとからつけているとか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四天王寺 大師会

2016年05月28日 | 

タイミングよく?四天王寺 大師絵に行きました。

時間もあったのでじっくりと散策。

まずは、銀杏細工のカメ

さらにこちらはベース板に「小田原」と書いてあります。

小田原で売っていたのでしょう。

甲羅の文字が違うのでこちらもゲット。

でも後でよく見ると、同じ「寿」でした。

以前このカメをゲットしたのですが

そのオリジナルですね。

このお店でこの黒いカメもゲット。

以前ゲットしたこのカメの分厚い版です。

家に帰ってみると見当たりません。

どこかで落っことしたようです。

またすぐ横のお店では甲羅がアワビのカメを発見

こちらと同じですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加