カメの置物を探そう

親指サイズのカメ探し

なつじかんへ再び

2017年06月23日 | 焼物

フェーブを探しに天満橋のなつじかんさんへ再び上陸!

こちらでまとめたカメはあるでしょうか?

早速順番に聞いていきました。

まずはティーポットのカメ

こちらは最近再入荷したもようですが

なんといきなりばら売りでカメを単品を発見!

幸先いいスタートです。

つぎは自転車に乗ったフランクリン君

カメのフランクリン君と絵本があるそうです。

こちらはもともと単品でなつじかんさんのネットショップにもありましたので

予定通りゲットです。。

しかしそこまで!

ネットショップにあるはずのうさぎとカメは見当たりませんでした。

最近まであったようです。

あとはバラ売りのカメなしでしでした。

セットがバラになるのはセットの一つが破損したりすると

ばら売りにするそうです。

今のところこれ以上のバラ売りのカメは当面なさそうなので

ネットでもゲットしていこうかと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜中華街

2017年06月19日 | 全般

 久々に!

横浜中華街へ上陸。

 

まずは中国貿易公司にて

中国根付のカメを発見。

ハスの葉の上に乗っています。

全体的に大きいかと思いましたが、カメ自体はジャストサイズなのでよしとしました。

同じお店で座っている5匹のカメ。樹脂製です。

これまではこんな感じの擬人的なカメは敬遠していたのですが

フェーブに影響されてゲットしてしまいました。

次に龍のお店

ここでロードナイトの龍亀をゲットしました。

やや大きかったようです。

別の龍のお店で黄玉のカメをゲット。

カメ探しは以上です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェーブをどうやって集めるか

2017年06月10日 | 焼物

先月、天満橋のなつじかんさんでカメのフェーブを大量にゲットしました。

前回ゲットしたのは

・立っているカメ

・1位のカメ

・コスプレカメセット

・WWFのカメ

・フィリップリゴロのカメの10個中6個

しかし、いろいろ調べてみると、フェーブというはどこでも売っているわけではなさそうです。

Web上でもまともに扱っているのはなつじかんさんぐらいのようで、

実店舗に至っては、なつじかんさんに続くようなお店はどうもなさそうです。

そこでまず、カメのフェーブの全貌を調べてみました。

まずなつじかんさんのサイトでは

セットものがあと4種類あるようです。

・台座に乗ったリアルなカメ

・台座に乗ったややリアルなカメ

・リアルなカメ

・立っているカメ

他になぜかなつじかんさんのサイトにないようなのですが

フィリップリゴロのカメ。

こちらのサイトで10個セットで売ってますが、6個ダブルことをどうしたものかと。

 次になつじかんさんのサイトで単品としては

・自転車に乗ったフランクリン君

・うさぎとカメ

があります。

さらにセットの中に何個かカメが含まれているもの

これが一番入手困難かと。カメだけゲットできるのか?

WWFのカメも同様のセットの一部でしたがバラがあったので

期待しています。

ティーポットセット

Lomgwy

動物たちのスポーツ

ウミガメのアニメ(サミーとシェリー 5匹ほどいます)

水の世界

アニマルコレクション

・お菓子セット にもカメが。。

・ラロッシェルアクアリウム

・小さな森

・幸運をもたらす動物たち(金色のセット金属のようです)

  これらは単品がないかなつじかんさんに相談してみます。

またなつじかんさんのサイトで見つからなかったカメがこちら

・中国の七宝焼き

・ディズニーのカメ

何がディズニーなのかは不明ですが、こうゆうセットだったようです。

・うさぎとカメ

・赤い帽子のフランクリン君

他にカメグッズコレクターサイトでは

ふみさんのブログでは写真左の2つは初登場です。

あこさんのブログ

みのじさんのTWITTER

さらにみのじさんのインスタにも

他にもこちらのサイトには

バットを持ったフランクリン君等他で見られないフェーブのカメが。。。

これまでのカメ探しはネットショップに頼らず足を運んでやってきました。

しかし、フェーブについてはそこそこネット頼みになるかもです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊川稲荷

2017年06月07日 | 

久々に豊川稲荷へ。

出張の帰りにちょっと立ち寄ってみまし

た。

平日なので人通りは少ないです。

前回行ったときは、金メッキのカメや中国根付のカメをゲットしました。

こちらの金メッキのカメをゲットした店は閉店してしまったようです。

今回は前回中国根付のカメを発見した店でこちらのカメを発見。

以前上海で楊さんとカメ探しをしたとき東台路で

楊さんがゲットした大きめのカメのジャストサイズ版です。

小さい版の登場はうれしいす!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島

2017年06月03日 | 焼物

翌日は広島市内観光です。

まずは広島城

宿泊した広島駅前のグランビアの部屋からも見えてました。

よく見ないとわかりませんが。。。。

最上階の展望台からは原爆ドームも見えます。

平和記念公園へ

原爆ドーム

建物の前にたくさんの言語で書かれた資料が置いてあり

いろんな国の方が資料に見入っていて

ボランティアの方々説明をされてました。

夕食に広島焼を食べようとしたら長蛇の列!

断念し朝一で並びました。

広島駅のお土産もの売り場で焼き物のカメをゲットです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みやじマリン

2017年05月29日 | 金属

厳島神社のさらに奥に宮島水族館(みやじマリン)があります。

スナメリという白いイルカが看板動物のようです。

ここのみやげもの屋で金属のカメを発見。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮島

2017年05月27日 | 全般

GWに急遽広島へ旅行に行くことになりました。

まずは宮島へ。

桟橋から厳島神社までの参道沿いにはたくさんのみやげもの屋があります。

まずは、民芸藤井。

ここで3段重ねのカメ寄木細工風のカメをゲット。

3段重ねの一番下は以前鎌倉でゲットした金色のカメの銀色版です。

寄木細工は以前関空でゲットしたこちらの簡易版って感じです。

さらに木村ほてい堂でガラスのカメを2匹ゲット。

 

1匹目/2匹目ともウミガメで、2匹目は以前湯布院でゲットしたこちらの大きい版のようです。

最後に小林物産展で

 やや大きめの樹脂のカメ

やきもんのふ化状態のカメを発見。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フェーブ

2017年05月03日 | 焼物

 天満橋の石ふしぎ発見展の帰りにフェーブのお店に立ち寄りました。

 フェーブを初めて見たのは、西荻窪の駅近くの雑貨屋さんでした。

 その後、Webショップのなつじかんでたくさんのカメのフェーブがあることを知りました。

 最近になってなつじかんの実店舗が大阪にあるという事実がわかり

 今回ついに初上陸しました。

 開店と同時に店内へ。ところ狭しと並べられた大量のフェーブの中から直立しているカメを2つ発見。

 Webショップで見たカメです。また海を守るというテーマでいろんな海の生き物とセットになっているカメも発見。

 これは店の方が奥から単品のカメを探してきてくれました。台座付きでこれぞフェーブって感じです。

 また、10個セットになっているカメもお店の奥から登場。

甲羅がサッカーボールやテントウムシになっている等

 さまざまなカメです。

最後にフィリップRigollotというお菓子作りの巨匠のガレットデロアに入っていたカメが6個登場。

 全部で19個の大人買いです。

 停滞していたカメ集めは新たなカテゴリーに参入しました。

 webショップでsoldoutになっているカメもまた入荷する可能性もあるらしく

 ちょくちょく足を運んでみようかと思ってます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石ふしぎ発見展

2017年05月02日 | 

 今年も恒例の石ふしぎ発見展へ上陸。

 初日は、フローライトのカメ

オニキスのカメに加え

 真っ赤な龍亀を発見。辰砂というものでできているらしい

 産地は奈良・または中国の貴州とのこと。

 最終日に再度上陸。平日で客が少なかったので

 

 じっくりと見直してみたところ、ハウライトトルコのカメを発見。

 赤メノウや水晶の小さいカメとセットで売られていました。

 また通路から会場の窓際を見ると、なんと琥珀のカメを発見。

 部屋の中からは見えないところに置いてあったので完全に死角になってました。

 期待していたラリマーや

 

ルビーインゾナイトの

ジャストサイズのカメはありませんでした。

 やはり東京のショーでないと!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代もの道具市

2016年12月28日 | 

阪神百貨店で「時代もの道具市」なる骨董市をやっていたので少し覗いてみました。

ビニール袋に入った小物の中から

水色の龍亀を発見!

なんと値段は100円!

こちらのコーナーは阪神百貨店9Fの「古玩堂」さんが出品されているとのことなので

これの素性を尋ねにいきましたが、

「素性がわからないのでこの値段で出している」とのことでした。

材料も不明で調べると1000円ぐらいかかってしまうようです。

重さから石膏のようなもので作られたのではと推測してます。

 2016年をしめくくる掘り出し物でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加