はぎおの「ツボ」note

興味がかなり偏ったはぎおが「ツボ」にはまったことを、時に穏やかに、時に激しく?!思いつくまま綴ってます…

「アリス・イン・ワンダーランド」

2010-05-08 11:30:58 | 記録:映画
子供の頃からあまり本を読まなかったので断片的(いや、挿絵だけ)しか覚えていない

『不思議の国のアリス』

ルイス・キャロルの名作を、ティム・バートン&ジョニー・デップのコンビで映画化
話題作をようやく観に行きました。

ただし、3Dは苦手なので2D版、そして吹替版です。

原作とはまた違う、オリジナルストーリーはこちら↓
想像力豊かな19歳のアリスは、退屈な男ヘイミッシュから求婚され、困惑して逃げ出してしまう。すると彼女の前に懐中時計を持った白いうさぎが現れる。うさぎのあとを追ったアリスは、あやまってうさぎの穴に転がり落ちてしまう。アリスがたどり着いた先は、アンダーランドと呼ばれるワンダーランド。その不思議な国は、独裁者・赤の女王によって支配されており、そこに暮す奇妙な住民たちは暗黒時代を終わらせる救世主の登場を待ちわびていた。そして、彼等はアリスこそがその救世主だという…。(goo映画より)

正直、「こんなだったかな?」と思いをめぐらせながら探り探り見る感じに

でも、さすが、ティム・バートン"ワールド"全開でした
可愛らしいイメージの「アリス」の世界も、彼の手にかかるとあんなに不思議で奇想天外で、極彩色の「オリジナル」になっちゃうんですね~

アリスを助ける「マッドハッター」がジョニー・デップ。カメレオンのように様々な顔を見せる役者さんだけど、意外とこういう扮装モノが一番お気に入りだったりして見るからにノリノリでした。
でも、ラストにチラッと見せる「哀しい表情」は、ただの役者ではない一面を覗かせた気もします。

敵キャラ?の赤の女王、強烈だったけど誰だろうな・・・と思ってたら、ヘレナ・ボナム・カーターだったのね。ちょっとビックリでも彼女の"怪演"はかなりのスパイスになってマス

さて、主人公の「アリス」はミア・ワシコウスカ。初めてみる女優さんですが、まぁ色の白いこと。可愛いけれどでも眼力がある原作とはちょっと違うかもしれないけど、この映画の「アリス」にはイメージぴったり。ちょっと今後注目です

映像だけ見るとお子さま向けかな?と思ってました。
でも、大人でもない、子供でもない・・・そんな中途半端な年齢を迎えたアリスが立ち向かう難題に揺れる気持ちが伝わってきたこの映画は、大人が見ると色々と考えさせられる作品の一つかもしれません。

ただ・・・あんなにおとぎ話の世界にドップリハマってたのに、ラストのアリスが余りに現実的になったのには驚き監督はあえてそうしたかったのかな

原作の世界観が好きな方は、好き嫌い分かれるかもしれませんね
逆に、あまり覚えていないはぎおは、改めて原作を読みたくなりました。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フレンドシップデー 。 | トップ | お花畑 。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
じょにーでっぷり (TT)
2010-05-09 11:02:28
デップは好きですけれどチョコ工場は悪乗りすぎた印象でした。今回もそんな気がします。(観てないけど)やっぱりスワローが嵌ってますね。
こんにちは♪ (SOAR)
2010-05-09 18:17:53
TBコメントいつもどうもです~!
デップとバートンコンビが自分たちでハードルを上げてしまってるせいなのか、どうもはじけっぷりがイマイチでした。
今も昔も世界中の子供が読んでいるはずの原作ですが、その世界観ってけっこう奇妙でダークですよね。だからこそバートン監督にぴったりだと思ったのですが・・・。
まあでも、楽しい作品ではありましたね。
Unknown (はぎお)
2010-05-09 19:11:38
>TTさん
こんにちは。
私はあまりデップの映画を見たことがないので、大いに悪乗り?!を楽しませていただきました(^^ゞ
でもまぁ、カッコいいデップが好きな方は苦手な作品かもしれませんね~♪
Unknown (はぎお)
2010-05-09 19:15:15
>SOARさん
こんにちは。
こちらこそいつもありがとうございます。

>どうもはじけっぷりがイマイチでした

てことは、あの2人ならもっと弾けられたってことですか?!
あれ以上に弾けたデップ・・・見てみたいです♪

グリム童話とか日本昔話とか、本当は結構ダークだといいますよね。
もしかして「アリス」も本当は・・・?!
ますます原作を読みたくなりました(^^ゞ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『アリス・イン・ワンダーランド』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
なんなんだろう? 「不思議の国のアリス」ってこんなお話だったっけ? ・・・・・・と、ずーっと思いながら観てました。 原作の『不思議の国のアリス』と続編『鏡の国のアリス』をミックスしたオリジナル・ストーリーです。 アリスが、”少女”と呼ぶにはちょっと...
『アリス・イン・ワンダーランド』・・・ティム・バートン×ディズニー (SOARのパストラーレ♪)
監督としてのティム・バートン作品を久しぶりに劇場で。ルイス・キャロルの原作「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」が持つ摩訶不思議な世界観が、彼ならではの映像表現と3Dでファンタジックに再現されていた。
アリス・イン・ワンダーランド (Akira's VOICE)
「見た目」だけは,かなり面白い!!  
アリス・イン・ワンダーランド 3D <ネ... (HAPPYMANIA)
ティム・バートン&ジョニー・デップ 最高っっ ティム・バートンの 世界観が好きな方には めっちゃお勧めな 作品しかも 3Dで観るに限るじぇ ワタクシ すっかりめっきりワ...
『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑...
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....