piebald's blog

ポニーと馬と私が作るブログです。

遺伝。

2016-09-15 21:20:32 | ポニー

生後一か月の子を残して死んでしまったパイは、どんなに心残りだったでしょうか。

きっと、いつまでも見守っていたかったはずです。その思いは、ココの姿に。

ココは、どんどんパイに似てきました。

白い方がパイです。外見だけでなく、仕草も良く似てきました。

ウランは、割とキツイところがあります。初めは、ココにもきつく当たることがあったのですが、今は、一目置くような時があるのです。ニンジンとか好物を目の当たりにすると、他のポニーを追い払うおうとする時があるのですが、ココに対しては、無くなってきたように見えるのです。

ウランもパイの子です。もしかしたら、ココにパイの姿を重ねているのかな?、と思えるのです。

先先週、ココは、ランコに食って掛かりました。自分のニンジンを横取りされそうになったのです。怒って、蹴って、噛みつき、ウランの所にまで逃げるランコを追いかけていきました。初めて見る光景でした。いつも、1歩遠慮して、駄目と言われる前に、引きさがっていたのに、撃退しただけでなく、追かけて行ったのです。ランコは、まだ、ダイエット中ですが、すっかり元通り元気になっています。ポニー達の喧嘩は、瞬間的なもので、後を引くようなものでもなく、また、無理をするようなこともありません。ココは、意志を持って、自分の立場を一歩前に進めたように見えました。

まきばのポニーに関して、子が母に歯向かうことはないと思います。父には歯向かうこともありましたが、いくつになっても、母馬に歯向かうことはないようです。でも、祖母には歯向かいました。ウランが、祖母リラに追われるパイを目にしたとき、リラに噛みつこうとしました。まだ、小さかったので返り討ちに合いましたが、躊躇せず向かって行きました。その母に似てきたココを、手荒く扱う事できないのかもしれません。自分より大きなスーちゃんのことは、容赦しないので、ウランがココに、何かを感じているのは確かだと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友達。 | トップ | カメラ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。