科学絵本

国立科学博物館認定サイエンスコミュニケータたちが楽しい科学絵本を企画&ご紹介します!

NHKスペシャル 足元の小宇宙Ⅱ 科学絵本関連の番組紹介

2017-04-02 21:56:18 | 日記

こんにちは☆AYAです

NHKスペシャルで絵本作家の甲斐信枝さんの特集をしていたので、ご紹介いたします

甲斐信枝さんの絵本は、身近な植物の観察や科学に基づいて作られる科学絵本です。

皆さんもこの綺麗な絵を一度は、ご覧になったことがあるのではないでしょうか?

 

NHKスペシャル「足元の小宇宙Ⅱ 絵本作家と見つける“雑草”生命のドラマ」では、

甲斐信枝さんの科学絵本作りへのこだわりがたっぷり紹介されていました!

みのがした!という方、4月4日(火)深夜に再放送予定です

 

NHKスペシャル「足元の小宇宙Ⅱ 絵本作家と見つける“雑草”生命のドラマ」

【再放送予定】NHK 総合2017年4月5日(水)午前0時10分~0時59分(4日深夜)

 

『のげしとおひさま』

甲斐信枝 さく

福音館書店 2015年

 

『雑草のくらし-あき地の五年間-』

甲斐信枝 さく

福音館書店 1985年

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【日記】 絵本「11ぴきのねこ」の町に行ってきました

2017-03-26 21:16:16 | 日記

「11ぴきのねこ」の町に行ってきました。

絵本「11ぴきのねこ」の作者、馬場のぼるさんは、
青森県三戸郡三戸町出身。

それにちなんで、三戸町では11ぴきのねこによる町おこしをしています。

三戸町にある三戸郵便局では、
毎年、2月22日の「ねこの日」の前後に、
11ぴきのねこデザインの小型印(消印)を押すサービスをしています。

毎年ニュースで観るたびに気になっていましたが、
とうとう行ってきました。

盛岡から銀河鉄道~青い森鉄道で三戸へ。
青い森鉄道のゆるキャラがかわいいです。

三戸駅では下りずに、少し先の北高岩駅まで行きました。
なぜかというと、
1日1往復だけ走る「11ぴきのねこラッピングバス」に乗るためです。
待つこと20分。

外も中も、ねこだらけです。

つり革にもねこ。

観光客で満員で乗れなかったらどうしよう…と心配していましたが、
お客さんは地元の方と思われる数人しかいませんでした。

 

郵便局でも、ねこが呼んでいます。

中では、とらねこたいしょうがねこ局長として窓口で働いていました。

お客さんは2,3人ほど。
こちらも混んでいませんでした。

馬場のぼるさん直筆の色紙が飾られていました。


無事消印を押してもらい、
郵便局で発売中の11ぴきのねこグッズを買いそろえました。

帰りに、公民館内にある馬場のぼる資料室にも行ってきました。

町中はとにかくねこだらけ。
郵便ポストにもステッカーが貼ってありました。
11ぴきのねこ好きには、たまらない街歩きでした。

ふるさと納税のおかげで、11ぴきのねこ関連物が増えているようです。
これからもっと「ねこの町」になるかもしれません。
また行ってみたいです。


関連情報:

ねこ局長ツイッター
https://twitter.com/necokyokutyou

アップルドームほのぼの館
http://www.town.sannohe.aomori.jp/kanko/kanko-appledome/kanko-appledome.htm

「11ぴきのねこ」消印で手紙/三戸郵便局、19~24日サービス
https://this.kiji.is/205140832881591801?c=62479058578587648

南部バスの車体に「11ぴきのねこ」
https://this.kiji.is/154535813334745093?c=62479058578587648

「11ぴきのねこ」返礼品に/三戸ふるさと納税
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170318-18113723-webtoo-l02

プレスリリース「11ぴきのねこグッズ」の販売開始
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/0201_01.html

プレスリリース オリジナル フレーム切手
「絵巻えほん 11ぴきのねこ マラソン大会 ゴール編」
の販売開始と贈呈式の開催http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/02_tohoku/0125_01.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絵本イベント「絵本作家・宮西達也さんと恐竜の世界」@名古屋 4月1~2日開催!

2017-03-16 21:00:05 | イベント

恐竜絵本「おまえうまそうだな」でおなじみの
絵本作家・宮西達也さんが名古屋市科学館にやって来ます!

絵本の読み聞かせやイラスト制作、サイン会も予定されているそう。
イラスト制作って、実際に見ると感動するんだろうなぁ…(見たい!)
東海地区にお住まいの恐竜好きさん&絵本好きさん必見です☆

。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆.:*:・'゜★。.:*

名古屋市科学館 特別展(恐竜の大移動)関連イベント
「絵本作家・宮西達也さんと恐竜の世界」

。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆.:*:・'゜★。.:*

【日時】
(1回目講演) 2017年4月1日(土)午後2時~
(2回目講演) 2017年4月2日(日)午後2時~

【内容】

トークショー

絵本読み聞かせ (絵本「おまえうまそうだな」など)

イラスト制作 

終了後 サイン会

【場所】
名古屋市科学館 サイエンスホール

【住所】
愛知県名古屋市中区栄二丁目17番1号 芸術と科学の杜・白川公園内

名古屋市科学館は、名古屋市の中心部にある白川公園内にあります。
大きな銀色の球体(プラネタリウム)が目印!

【交通】
■地下鉄東山線・鶴舞線 「伏見」駅下車、4・5番出口 から南へ徒歩5分
■市バス「広小路伏見」下車、南へ徒歩5分
■名鉄バス「白川公園前」 下車、北へ徒歩5分

【参加方法】
イベント開催当日の午前9時30分から「恐竜の大移動」入場入口付近にて整理券(先着200名様)を配布するとのこと。

詳細は、下記の名古屋市科学館ウェブサイトをご覧ください♪
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/attraction/special_exhibition/post_43.html

。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜★。.:*:・'゜☆.:*:・'゜★。.:*

名古屋市科学館は
体験型の面白い展示やスタイリッシュな展示が多く、
家族連れ・デート・ひとりでぷらっと…いずれもお勧め。

今回の宮西達也さんのトークイベント、
ぜひ特別展「恐竜の大移動」とセットでお楽しみください

特別展「恐竜の大移動」(2017年3月18日~5月28日開催)
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/visit/attraction/special_exhibition/the_great_journey_of_dinosaurs.html

私も行きたい~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【日記】東京・青山の絵本店クレヨンハウスに行ってきました

2017-02-26 15:00:02 | 日記

東京・青山の絵本屋さん「クレヨンハウス」に行ってきました。

表参道駅の近く、路地裏にある絵本の大型書店です。

店内では春の絵本特集。

私は「14ひきのぴくにっく」が好き。

ヨシタケシンスケさんの「もう ぬげない」も書棚の目立つところに陳列されていました

確かに、配色が春っぽい。

他のフロアはこんな感じ。

いつ来ても賑わっているお店です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼくはアフリカにすむキリンといいます

2017-02-15 11:10:58 | 本のご紹介

こんにちは

ずいぶん久しぶりの更新となってしまいました。

科博SCA科学絵本分科会のAYAです。

 

突然ですが、最近お手紙書きましたか?

もう年賀状以外書く機会なんてないなぁという方も多のではないでしょうか

私もそんな一人でしたが、

最近は、字をおぼえ始めた子どもが友達と手紙のやり取りする手伝いに励んでいます

子どもは、アナログな世界をめいっぱい楽しんでいるんだなぁと…しみじみ

 

今日ご紹介するのは、アフリカにすむキリンが地平線の向こうのまだ見ぬ友達へ手紙を書くお話です

『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』

毎日が退屈なキリンは、地平線の向こうの誰かへ手紙を書くことを思いつきます

キリンは、自分が「長いくび」で有名な動物であると書きますが、

手紙を受け取った誰かは、「くび」を知らなくて…

 

キリンと地平線の向こうの誰かがお互いの姿を想像しあいながら、手紙のやり取りをしていくお話です。

知らない相手に伝えたいことを伝える難しさが笑いを誘います

 

絵は少なめで、字の多い絵本と童話の間のような(絵)本になっています。

海は青いのに、海の水をバケツですくうと青くないのはなぜ?なんて、問いもあって、想像力をかき立てる1冊です。

 

『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』

偕成社 2001年6月発行

作:岩佐めぐみ

絵:高畠純

対象:小学3,4年生から

(幼児~大人まで楽しめます!)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加