goo

但馬屋の荒城の月

大分県のおみやげをいただきました。創業1804年、大分県下で一番古い和菓子屋さんだそうです。
丸くてつやつやとして、満月のようです。中は黄身餡、おまんじゅうのようにみえますが、ふわっとした食感はまったくべつもの。外側のかわは、淡雪と言っていますが、詳細は企業秘密だそうです。滝廉太郎の荒城の月にちなんでつけられた名前だそうですが、荒城というよりも豊穣なお菓子でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 栃尾又温泉 栃尾又温泉 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。