今日のピッコロ

ピッコロシアター、県立ピッコロ劇団、ピッコロ演劇学校・舞台技術学校などのニュースや、日々の活動をご紹介します。

【おめでとうございます!】森田守恒さん

2017年05月06日 | 劇場の話題

このたび「平成29年度兵庫県功労者表彰」を森田守恒氏が受賞されました。

この賞は、兵庫県政の伸展、公共の福祉増進に功労のあった方、その他広く県民の模範となった方を、知事が県民を代表して表彰するもので、ピッコロ劇団の多くの公演で舞踊・振付を担当され、兵庫県の文化の振興に著しい功績があったことが評価されました。

「ラ・マンチャの男」「王様と私」などミュージカル界の第一線で活躍されている森田守恒氏ですが、ピッコロ劇団とは平成6年の劇団旗揚げ当時からのご縁で長年にわたり大変お世話になっております。特にファミリー劇場作品ではほとんどの作品で舞踊・振付を担当していただき、平成18年には「さらっていってよ ピーターパン」でピッコロ劇団では初めての演出も担当されました。

森田氏が舞踊・振付を担当されたファミリー劇場作品は、平成15年/ワシントン州シアトル(「さらっていってよピーターパン」)平成18年/西オーストラリア州パース(「不思議の国のアリスの帽子屋さんのお茶の会」)など海外での姉妹州交流事業公演を行い、現地でも高い評価を受けることができました。

平成9年には、森田氏が舞踊を担当した第6回公演「風の中の街」及び第7回公演「わたしの夢は舞う 會津八一博士の恋」の2作品が「第32回紀伊國屋演劇賞団体賞」、また「わたしの夢は舞う 會津八一博士の恋」が「平成9年度文化庁芸術祭賞〈演劇部門〉優秀賞」を受けています。

劇団公演での舞踊・振付のみならず、劇団創立以来、一貫して劇団員の舞踊指導にあたってくださり、ピッコロ劇団員にとって、創造活動において精神面でも大きな支柱といえる存在です。兵庫県を拠点に活動している私たちにとって、今回の受賞はとてもうれしいニュースです。おめでとうございます。

森田守恒 演出・振付次回作のお知らせ
兵庫県立ピッコロ劇団ファミリー劇場

<音楽劇>赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス

作:別役実  演出・振付:森田守恒  音楽:谷川賢作

8月5日(土)11:00  15:00

8月6日(日)11:00  15:00

一般 2,500円  
中学生以下 1,500円  
セット券(一般+中学生以下)3,500円

ピッコロシアター大ホールにて上演いたします。

一般発売 5月26日(金)

(サポートクラブ先行発売 5月25日(木))

別役実が、おなじみ「赤ずきんちゃん」を題材に書いた深い森のなかでくりひろげられる風変わりなお話。
ピッコロ劇団ならではの別役ワールドと音楽の谷川賢作が自ら率いるバンドの生演奏。
森田守恒氏の演出と振付でお楽しみください。

兵庫県立ピッコロ劇団ファミリー劇場

<音楽劇>赤ずきんちゃんの森の狼たちのクリスマス

作:別役実  演出・振付:森田守恒  音楽:谷川賢作

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【西海渡花香】記者懇談会を開催 | トップ | 【西海渡花香】稽古見学会を... »
最近の画像もっと見る

劇場の話題」カテゴリの最新記事