41歳から、エンジニアとしての生き方

去年、某大手メーカーを辞め外資系ITメーカーに転職したエンジニア。
41歳から資格、建築デザインと来て今は走ってます。

よこはま月例マラソン、久々の20km走。

2016-10-16 12:22:08 | ラン(~サブ3.5:しまだ大井川)


今日は新横浜。
よこはま月例マラソンの日です。

長女は部活動、長男は勉強!?、一緒に走りたいと
言ってくれた二女を断腸の思いで振り切り
(20kmの時は一緒に待ってくれる妻が不可欠ですが、
さすがに来ない)、

ウォームアップ5km+ペース走20km走ってきました。
2週間後のしまだ大井川マラソンを意識して。

5kmはガーミン動いてませんでした(..)
掲示によると24'14"
感覚キロ5分だったので、当たらずとも遠からず。

20kmはいいペースメーカーになる人がいて助かりました。

キロ4'25"で行ければいいかなと思っていたので、
そのペースで淡々と走り出します。

決して遅いペースじゃないはずなんだけど、
なぜかたくさんの人に抜かれます。焦らない。

走り方見ると後で落ちてくる人は何となく分かります。
跳び跳ねて、蹴って大袈裟なフォームの人は大抵3~5kmで
もう一度お会いすることになります。
単に抜き返すだけだけど。

でも、よこはま月例はさすが、玄人が多いです。

ちょうどキロ4'20"ペースで安定した人を見付けて5m位
後方で付いていきます。赤ランシャツ着た人です
(連続10回or通算20回走らないと貰えない)。

この人は最後までペース落ちませんでした。
と言うか、10km過ぎてペースがキロ4'10"まで上がって
置いて行かれました。

結果的にこの人に付いていったお陰で後半の方がペースが
上がって最後の10kmはキロ4'15"だったのに
その後半で追い抜けた人より追い越された人の方が多い
というのは凄いなと思いました。

ここまで来るとペース配分間違える人はいないのね。

最後はキロ4'10"まで上げてゴールできました。

ところでどこが、2週間後のフルマラソンを
意識できてたのでしょうか?

走り出すと全て忘れてしまうようです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中学校の文化祭で流しそうめ... | トップ | 羽田空港国際線ターミナルに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。