ピカビア通信

アート、食べ物、音楽、映画、写真などについての雑記。

春の妖精?

2017年05月18日 | 生き物


今年は天候のタイミングが合わず成虫を見ることはできなかったヒメギフチョウの卵。食草のウスバサイシンをチェックすると、四か所産み付けられてるのを確認。



そしてこの時期ならではのビロードツリアブ。これを見ると「ああ春」ということになる。





「ああ春」の蝶はこれミヤマセセリ。上がメスで下がオス。ヒメギフチョウもそうだがスプリングエフェメラル(春の妖精)などと呼ばれている、マニアの間では。



しかしこのヒメシロチョウ(環境省絶滅危惧種)は、この時期に発生する蝶でしかも妖精的なたたずまいにも関わらずそう呼ばれることがない。多分それは、初夏に発生する夏型があるからだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンテンポラリーアート | トップ | その他の虫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。