ピカビア通信

アート、食べ物、音楽、映画、写真などについての雑記。

クモガタヒョウモン

2017年06月16日 | 生き物 自然


イチモンジチョウの次に多かったのがクモガタヒョウモン。ヒョウモンチョウの中では多くない種類なのだが、この日は生まれて初めてこんなに数多く見た。花にも複数来ていた。



今は活動期で、暫くすると夏眠に入って再び活動するのは9月くらいから。十年位前にはなかなか見ることもできず一体どこにいるのかなどと思っていたのだが、場所タイミングが合うとこんなことになる。リュック(因みにロウアルパインの25L)を置いたら一頭が止まって盛んに汗(リュックに染み込んだ汗のカリウム?)を吸い始めた。蝶は汗が結構好きで、直接腕に止まって吸うなどということもよくある。こうなると警戒感も薄らぎ、中々飛び立たない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イチモンジチョウ アサマイ... | トップ | 春から初夏にかけてのトンボ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生き物 自然」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。