ピカビア通信

アート、食べ物、音楽、映画、写真などについての雑記。

堤清二展

2017年05月12日 | 芸術


松本市美術館でやってる「堤清二展」に行ってきた。軽井沢のセゾン美術館にあるアバカノビッチの兵馬俑のような雰囲気の部屋はそっくり移動されていたのだが、名前を確認するため今ネットで調べたら、彼女は(ずっと男かと思っていた)今年の4月、つまりほんの数週間前に死去したばかりだった。こういうのをタイムリーと言っていいものだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜の撮影 | トップ | 在庫整理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

芸術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。