磁器装飾アトリエ&磁器上絵付教室 (東京) ピアットスカーナな暮らし

イタリア・フィレンツエ18世紀から続く伝統技法で磁器に装飾する日々。日本語/イタリア語で気ままに綴ります。

今だから、新しい出会いに:per creare l'emonzioni

2017-10-01 22:35:23 | 伊の街(セストフィオレンティーノ(Fl))



カップの絵柄は、ドッチア様式(アンティークジノリ)のバラ(教室見本)です。
ブログを愛読下さっている方々には、お馴染みですね^-^

ハト柄の小皿は、▼伊勢丹新宿SPERANZAコレクション HOPE*HOME by Richard Ginoriの限定品。
オリーブ柄の限定品は、売切れでした。2個×2個欲しかったなあ。。。

本日は10月の振替レッスンがありました。早速、マスカルポーネ&ブルーチーズを梨に添えて、レッスン後のおやつに。(上の写真)
ブレンドしたチーズは伊勢丹イタリアフェアーで購入したものです。
「今日はあたり!」と食した皆様は、お喜びでした^-^

*****

今月の制作アトリエと磁器上絵付教室のオープン日は、
15日(日)~29日(日)です。

日程が一日前後しますこと、ご了承ください。

10月前半は、毎年恒例のリチャードジノリ絵付実演会があります!
伝統柄のイタリアンフルーツとアンティークローズを
描く技が披露される予定。
「そうか、ピアットスカーナのレッスン見本(▼イタリアンフルーツ▼アンティークローズ)も、こんな風に描かれるのだなあ~」とイメージを膨らませて頂けたら幸いです^-^

関東は日本橋高島屋と三越のみで、11月は近畿地方へ。
★高島屋:10月6日(金)~9日(月・祝)
★三越:10月11日(水)~15日(日)
★絵付実演時間
午前11時〜午後0時30分
午後2時〜午後3時30分
午後4時〜午後5時30分

詳しくは、▼リチャードジノリ社の公式HPをご覧ください。
トップぺインターの描く行程を見学できる、そして購入も出来るチャンスですから、是非、皆様も立ち寄ってみませんか?

*****

▼Home ▼About me ▼ギャラリー(1・ 2・ 3 ・4) ▼定番商品注文制作のお問い合わせ方法 ▼教室案内


*****
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« センスが光りだす方程式➀ =... | トップ | フィレンツエのくらしの美~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

伊の街(セストフィオレンティーノ(Fl))」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。