磁器装飾アトリエ&磁器上絵付教室 (東京) ピアットスカーナな暮らし

イタリア・フィレンツエ18世紀から続く伝統技法で磁器に装飾する日々。日本語/イタリア語で気ままに綴ります。

アートと愛ある( ≒ アート・トライアル):collezione permanente e speciale di museo statale d’arte occidentale

2017-06-30 17:16:24 | JAPANの街

企画展「アルチンボルト展」
(2017.6.20 - 9.24/国立西洋美術館)を鑑賞しました。

会場内は、図鑑を楽しむ感覚で作品を観察(?)する学生さんもいっぱい。夏休み、子供たちの訪れたいスポットに選ばれたら素敵!


特別展入口ホールより

*****

常設展では、西洋美術全般に触れることができます。

「今日の気分はどんな感じだろう?」と、館内をそぞろ歩くのは私流。自由に選択しながら名画のパッションと繫がる瞬間が楽しい。目に映るのは、建物や生き物や緑や海や空や風…。段々と愛着が出てくる。美術館は、「それはどうしてか?」と自身に問いかけることが、優しく許される場所のような気がする。
いつも、大凡、同じ作品群の前で立ち止まっているのだけれど、今日も同じ場所で立ち止まった。変わるものと変わらないもの。変われるものと変われないもの。

企画展にお越しの方は、チケットの半券で、そのまま常設展に入場可能です。是非お見逃しなく!写真撮影OK!


西洋美術館前庭、入口付近より


*****

7月の磁器装飾アトリエ/教室のOnタイムは、8日(土)から2週間です。

*****

▼Home ▼About me ▼ギャラリー(1・ 2・ 3 ・4) ▼定番商品注文制作のお問い合わせ方法 ▼教室案内


*****
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝はおひさま、午後のひまわ... | トップ | きらきら、夏の寒天デザート... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

JAPANの街」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。