ぴあ ピアノ教室

豊島区目白にある
小さなピアノ教室のページです。
日々の出来事を綴っています。

やっと

2017-07-11 10:53:58 | レッスン
練習してなくても、
それを隠そうとする心理。
分からなくもない。

どんなに練習していなくても
「いっぱい弾きました!」
と言っていたJちゃん。

「ホント?」
と聞くと
「すごく難しくて、
弾いても弾いても弾けるようにならなかった」
と口にするJちゃん。

ごめんね。
ちょっとピアノを聞くと分かっちゃうんだよ。
これ、初見だよね。

…とは思っても、
アカラサマに疑うのも、
信頼関係にヒビが入るし、
どうしたら傷つけずに、
正直にお話してもらえるかなぁ
とずっと考えていた。

大人の問いに対して、
怒られない答えを用意するのが、
2番目っ子は上手な気がする。
たとえ、それが嘘だとしても。

そこ、ちゃんと口にしていい、
したほうがいいこと、
どうやったら伝わるのかなぁ、
と考える。

お母さまにも聞いてみた。
「家でもそうです、やったやった
と言って逃げ回っています」
…やっぱり。

練習して来なかったよ、
と言ってくれれば、
「ここで練習しよう」
で済むのだけれど、
「弾いて来たもん!」
と言われると、
たいてい
「え~何で弾いたのに○にならないの?」
と返されるので、
レッスンにならないことが多い。

レッスンに慣れてきたら
本当のことを言ってもらえるのかなぁ、
と考え続けて…
おっと、もう1年じゃないか!
いい加減にこちらも本気で出ないと!

と言う訳で、
相当覚悟を決めて、
Jちゃんが練習していないこと分かっちゃうこと、
そこを責めているわけではなくて、
これだとレッスンができないこと、
練習量が減ってしまったこと、増やせないこと、
一緒に何か考えていきたいんだ、
と真剣に話す。

と、泣きだしてしまったJちゃん。
「本当はちょっぴりしか弾いていません」
って。(…いや、全然だと思うんだけど(^_^;))

本当のところが見つかってしまって、
とても不安そう。
その日は、
完全に心が通じるところまでお話できず、
(次の生徒さんが来る前に
泣いているのを、話し合いがあったことを
見つからずに帰してあげたかったので)
終了。
来週、笑顔で来てもらえるかなぁ。
と案じていた。

翌週。
「こんにちはー」
と何事もなかったようなJちゃん。
でも、違った。
「今週は弾きました」って。
ピアノを聴かせてもらうと、
本当に久しぶりに(笑)練習した跡が。

そしてそれから数回して、
「今週はお出かけがいっぱいで、
あんまり練習できませんでした」って。
お!言えた!
言えたね、Jちゃん。

またまた別の週は
「なんとなく今週は弾けませんでした」って。
おぉぉぉ!

そして。
初見らしくピアノを弾いた後、
「で、どうしよう?」
と問いかけると、
Jちゃん、
「ココとココが弾けないから、
3回弾けるまでココだけ弾く」って。
すごいね、練習メニュー考えられてる。
3回弾けるまで、
も自分でチェックしながらクリアした後、
「どうする?」
とまた聞くと
「ちょっと前から通して見る」
って。
で、弾けなくて、
「もうちょっとココだけやってみる」
って。

Jちゃん。
立派に練習できているじゃない。
すごいわぁ。
と、感動の嵐だった私。

Jちゃんと、
少しずつこうして近づいて行けることが嬉しい。
一つずつ、問題を解決しながら、
ちょことずつ進んで行きたいなぁ
信頼関係が壊れず、
本当に本当にホッとした、のが私の正直なところ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お願い | トップ | 内緒で… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL