埼玉川口[ミューズ林田ピアノ教室]戸田/蕨/赤羽/3才~脳と感性を鍛える!プロ直伝/初心者OK!     

音大講師38年+現役ピアニストの経験を全て伝えるお役立ちブログ。読売/朝日新聞/TV/ラジオ出演/西川口西口徒歩3分

【ワンポイント】ピアノでの頭の使い方って?

2017年04月29日 | ワンポイント

 「ミューズ林田ピアノ教室」の林田です。

 

◆「ミューズ林田ピアノ教室」のHPが出来ました♪ 

Welcome************************

 

H君のレッスンは、バーナムの基本練習からスタート。 

好奇心が旺盛で実験が大好きなH君。

 

ただ正確に弾く事だけを求める傾向がある

日本の音楽レッスンにはならない様に、

H君のその「好奇心」をフル回転できるレッスンをと工夫しながら! 

 

 

ピアノは「楽器の王様・小さなオーケストラ」と言われますが、 

その分音の数(鍵盤の数)が多く、 

楽譜の音符の数は半端でなく多く、 

ましてやそれを両手で弾かなけれなならない難しい楽器なのですよ・・・^^; 

 

 

レッスンでは、

弾く前の楽譜の整理=頭の整理から入ります。

この様に、色エンピツで音の高さ・和音(だんご)の形を見つけたり、

 

 

音の高さを色分けしたり、

  

  

音の配列を矢印で書いたり、

 

 

 

この様にただ漠然と弾かせるのではなく

弾く曲を頭の中で分析&整理する事をサポートします。

この時に「生徒に自分で書き込ませる」ことがポイントです!

 

 

正確に間違いなく、先生の教えた通りに弾く

先生のコピーを中心としたレッスンは、

生徒さんには比較的に楽?かもしれませんが

生徒さん本人の心身ともの「自立・自律」を育てません。 

 

次のギロックのスペイン組曲では、フラメンコのリズムがポイント。

 

1 2 3   1 2 3 の三拍子ですが、

強くなるアクセントが変則的です。

1 2 3  1 2 3   このリズムパターンを

しっかり持ち帰ってくれたH君。

 

地球儀でスペインを確認し、

TVで観たフラメンコを実感したレッスンです。

 

レッスンでの一曲が、

世界の国の地理・歴史・文化にまで広がりますね!♡

 。。。。。。。。 Take  it  easy!   。。。。。。。。。。。。。 

 

◆お子様/ご両親/恋人へ/ご自分へのプレゼントに、

    一生の財産となる「ピアノレッスン」を◆  

◆無料体験レッスン 

   

◆春の進学/進級キャンペーン 

  

 ◆お客様の声 

  

◆3才のレッスン 

  

◆「ミューズ林田ピアノ教室」のHPが開設です♪

 

048-259-6296レッスン中につき、お電話に出られない場合もございます) 

◆無料体験レッスン

◆季節のキャンペーン

◆3才のレッスン

◆お客様の声

◆ワンポイント

◆プロフィール

◆メディア掲載

◆Youtube ラジオ・TV 

◆ミューズ林田ピアノ教室/ご挨拶 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

  •  
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【3才のレッスン】入会後2... | トップ | 【ワンポイント】中学生棋士/... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。