岩手 北上市のピアノ教室「カンタービレ」 ♪音楽で心と生活に潤いを♪ 北上駅前です。 

お子様から一般の方まで。生徒さんの個性と目的にあわせて楽しくレッスン♪ピアノ教室と講師(&主婦)の音楽身辺ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「バッハ ミサ曲ロ短調」オーケストラ・アンサンブル金沢盛岡公演 1/31

2010-02-13 | コンサート舞台 情報・感想
1/31於盛岡市民文化会館マリオス。
J.Sバッハ ミサ曲「ロ短調 BMW232」
オーケストラアンサンブル・金沢
指揮 ヘルムート・リリング」
合唱 盛岡バッハ・カンタータ・フェライン&仙台宗教合唱団

合唱指揮 佐々木正利
ソプラノⅠ 佐竹由美 ソプラノⅡ 沓沢ひとみ アルト 永島陽子
テノール 鈴木准 バス 浦野智行

バッハの声楽曲全曲収録、バッハの専門家で名高いリリング。学生時代、大学の同級生らが「仙台バッハアカデミー」を受講してた時以来はや20数年。久々に生リリングを聴きました。
振り納め?という噂もあったけど、そうではないらしい。まだまだお元気。
合唱団に見知った顔がたくさん。アマチュアとは思えないハイレベルの演奏。長ーいメリスマ(一音節に多数の音譜があてられる表情豊かな装飾的声楽様式)もフレーズ最後の子音もぴったり揃う。
普段は学校の先生・主婦・会社員・学生の方々かと思うとその努力に感服。
そして舞台に登場してないのに伝わってくる「佐々木正利」の存在感。金沢・仙台・盛岡の公演実現も正利先生あってのこと。

フェラインのコンサートマスターの方々は正利先生が岩手大に赴任された直後のお弟子さんたち。師弟関係というより同志なのかも。
合唱団のメンバーの中にはアマの演奏会ではソリストを務める実力の持ち主がたくさんいます。
フェラインは1977年、仙台宗教合唱団は1967年(正利先生の常任指揮は82年~)の発足。メンバーの多少の入れ替わりはあるでしょうがまさに継続は力なり。練習の積み重ねのたまもの。世界的に評価されている先生と合唱団。県内で一部クラシックファンしか知らないのはもったいない。

サイトウ記念の演奏で予習して行ったのですが、生演奏でバッハの偉大さを改めて思い知らされました。このミサ曲は27年間にわたって作曲されたそう。
歌詞はお祈りの決まり文句。はじめのキリエは「キリエ・エレイソン クリステ・エレイソン キリエ・エレイソン」の3行。終曲は「ドナ・ノービス・パーチェム」の一行。音楽が全てのドラマを作る。編成も管・弦・声楽のソロ、デュエット、合唱、オーケストラと多彩な組み合わせ。トランペットだけでも5本あって吹奏楽ファンにも楽しめそう。
テノールの鈴木准氏いい声。ペーター・シュライヤーの再来と言われた若き日の佐々木正利のソロも聴いてみたかったです。

「オーケストラアンサンブル・金沢 応援団メンバー」名簿に池辺晋一郎・遠山一行・舟山隆・小室等など音楽家の大御所はもちろん、江川昭子・俵万智・妹尾河童・和田誠など好きな人の名がいっぱいある。黒柳徹子・ドナルド・キーン・富田勲も。面白いところでは役所広司・松井秀喜(石川県出身)・野坂昭如・大島渚・桜田淳子。

一昨年聴いた同オケの「井上道義」指揮、「アリス・サラ・オットー」ピアノのベートーヴェンの演奏もはつらつとしててよかった。ベートーヴェンの7番交響曲では井上氏が「のだめ」ばりに踊って指揮してました。

金沢と仙台は家人と私がそれぞれ学生時代を過ごした街。盛岡でこの演奏会を聴けてよかった。
当日は吹雪模様。バッハのいたライプツィヒもきっと寒かったでしょうね。
熱演の後は、偶然電車に乗り合わせた知人の方々と感激を語り合いながら帰ってきました。

翌週行った「ブーケの会 クララとロベルトシューマンによる歌曲の夕べ」のドイツリートのリサイタルにはバッハアカデミーを受講していた同級生や仙台宗教合唱団のコンサートミストレスの方が出演。母・教師でありながら歌い続けてる友達。すごいな。
久々の仙台戦災復興記念館。卒業演奏・修了演奏後のリサイタルもあの小さなホールでしたね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続いていること パン焼き・... | トップ | チョコ南部 県産チョコの話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。